参院選後の望ましい形   

 亡くなった人まで担ぎ出した故人献金偽装、12億円の使途不明金である鳩山家友愛子ども手当、小沢事務所秘書の逮捕、書類を処分して検察をかわしたとされる小沢幹事長の開き直り、北教組違法献金事件、補選やると負けるからと辞職の先延ばし・・・。

 財源が無いのにマニフェストの神聖化による赤字国債の乱発、神聖化したはずのマニフェストの不実施(暫定税率の廃止撤回、年金流用禁止の先送り・・・)、効果が無いのにパフォーマンス重視で事業仕分けの実施、普天間問題の無策、高速道路の大多数路線の実質値上げ、所得税&消費税の増税の動き・・。

 この政権を選択して本当に良かったのだろうか。こんなていたらくでは、参院で単独過半数を与えると、この国はとんでもないことになるのでは。本来なら衆院で少数与党にまで落とさないとかなり危険だが、しばらくは解散はないだろう。せめて参院とのねじれを実現しないと、この人達が思うがままに政治を牛耳ったらホントにヤバイ。

 連立を組んでいる国民新も社民も、結局のところ少数会派で、圧倒的多数の民主から「そんな少数しかないのに対等にしゃべんな」とバカにされて力はない。社民なんて与党のクセに口を開けば「反対反対」で野党と同じ。与党の一員なら自分たちの案を民主に少しくらい呑ませて民主案を修正した与党案を作れよ。

 民主がもう少し数を減らし、自民が割れて中規模の政党が複数でき、案件ごとに是々非々できちんと議論して成立させていくスタイルでないと厳しいのではないか。

 どこの誰が二大政党制と言い出したのか知らないが、中規模政党がたくさんできる中選挙区制のほうが日本には合っているような気がする。
まあ、次の参院選では、昨夏にマニフェスト詐欺にあった有権者が賢明な判断に立ち返ることを期待したい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-03-04 00:02 | ニュースコラム

<< ナンバープレートカバーでパトカ... 教員に労働組合は必要なのか? >>