民主党の公約違反   

生活に密接している分野だけでも、公約違反はこれだけある。

「野党の間は財政の詳細の情報がなかった」と弁明するなら、二大政党制によるマニフェスト選挙など夢・幻であって、有権者はブームに乗せられたといえる。


★ムダを削減し2010年度に必要な7.1兆円を確保
→事業仕分けで6300億円の確保
→埋蔵金(基金)の返還で2億4000億円の捻出
→財源不足は約4.1兆円
→財源が無いのでマニフェスト修正の可能性
→公約違反

★ガソリン税の暫定税率廃止
→税率を維持
→公約違反

★高速道路無料化
→一部路線に限定
→その他多くの路線は新料金体系により実質値上げ
→公約違反

★年金保険料の流用禁止
→初年度の実施見送り
→四年間で実施するとの答弁
→公約には4年の間にとは記載されていない
→公約違反の疑い

★4年間で年金記録と紙台帳全件照合
→財政難による予算圧縮で、5億4千万件のうち初年度は1億件ほど。
→2011年度以降も予算がつかなければ4年間の照合完了は難しい見通し
→公約違反となる疑い

★法人税率の引き下げ
→2010年度は実施せず。議論を先送った。

★控除から手当へ
→各種控除は高所得者に有利であるとの判断から、扶養控除を廃止して子ども手当を配るとしたが、、扶養控除を廃止しても子ども手当支給が半額なら効果無し。
→これに配偶者控除が実施されると増税が増す。
→あまり議論されてこなかったマイナス面が明らかに。
→マニフェストに説明がなかった、プラス面だけ説明していた、という点からすると、マニフェスト違反というか「詐欺」。

「鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし」3月16日8時55分配信 読売新聞から抜粋

○「昨年9月頃から会社の業績が悪化していると感じていたが、ついに失職してしまった」。この男性(37)は病気療養中の妻を抱えて医療費もかさみ、焦りばかりが募ると打ち明け、「『国民の生活を守る』と言うから少しは希望を持っていたが、今は何も期待していません」とあきらめ顔で話した。

○政権交代後もトラック運転手の夫(36)の仕事は減っている。認可保育所に入れた長女(4)に比べ、どんぐり保育室に通う長男の保育料は月2万~3万円高く、区の補助を受けても2人で約5万円に上る。「子ども手当も今の財政では来年の満額支給(月2万6000円)はムリ。暮らしが変わったという実感もなく、代わりに政治とカネの問題が出てきて、がっかり」とため息をついた。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-03-20 08:37 | マニフェスト

<< 結局子ども手当はこうなった 参院選に向けた二つの目くらまし >>