楽天がプロ野球参入!?   

楽天 プロ野球参入を検討

今度は楽天がプロ野球参入の検討をしているそうだ。

 近鉄とオリックスの合併問題で、ライブドアが噛み付いたが、今回は業界大手の楽天だ。
 
 ライブドアがJリーグではなくてプロ野球の参入に執念を燃やしていることに、素朴な疑問をもっていたが、今回はヴィッセル神戸を経営する楽天がプロ野球への参入を検討しているとは・・。

 プロ野球の球団を所有するというのは、たとえばナベツネがそうであったように、経営者にとっては権力の象徴のようなものなのだろうか?それとも一種のステータスなのだろうか。

 最近では、これまでドル箱だった巨人戦の中継の視聴率が上がらず、むしろ「おいしくない」番組、という扱いに転落しているそうだが、巨人戦がそうであれば、パリーグを含む他のカードの視聴率など言うに及ばずで、放映権料が下落することは必至であろう。

 そもそも、球団経営というのはどのように成り立っているのだろう。収入面でいえば、観客動員数が多ければそれはチケットの売上増だし、選手や球団のグッズの売上にもつながる。もちろん放映権料も確かな収入だ。細かいところでは球場で食べ物などを販売する会社との契約金などか。

 これに対し支出はといえば、何と言っても選手や監督の年俸などの人件費に、球場の使用料、キャンプなどの費用あたりか。

 阪神が優勝した年は、観客動員数やグッズの売上が大幅増だったそうだが、社長いわく「優勝ボーナス査定と補強で消えた」そうで、純益というわけではなさそうだ(もちろんこの言葉どおりであれば)。

 赤字の補填は親会社が数十億単位で行っているそうだが、確かダイエーの関係者は「球団を所有することで得られる広告効果があるので身売りしたくない」と言っていたと記憶しているので、球団そのもので赤字でも、親会社へのプラスの影響を計算しているらしい。

 この業界に詳しくは無いので、この程度の推察だが、優勝を重ねればそれだけ選手年俸は高騰し、優勝効果を相殺してしまうし、下位に転落すれば客が来なくて収入が減る・・・。球団経営っておいしいのかなぁ?ライブドアにしても楽天にしても、どうしてプロ野球に参入したがるのか、その本意がよくわからない・・。
 
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-15 11:48 | スポーツ

<< 豊島区の放置自転車税を国が同意 ちょっとブレイク >>