太陽が地球の周り回っている?   

小4~6年生の4割「太陽が地球の周り回っている」

 今の子どもたちは太陽系の全体図も見たことがないのかなぁ???

 私の小さいころは、学校で教えてもらうのはもちろん、家に百科事典というか、図鑑みたいのなのがあって、理科では太陽系の図が載ってたり、社会科では「カップめん」の工場のしくみが載ってたり、面白くて読んでた記憶がある。

 聞くところによると、算数の内容も、円周率は「3.14」ではなくて「3」を使っているとか、また、電卓を持ち込んでいるとか・・・。

 さすがに電卓で授業を受けると聞いたときには驚いた。今の小学生の学習は、いったいどうなってしまったのだろう?

 「ゆとり教育」の反動であると指摘されることがしばしばだが、週休2日にして、教える内容を減らして、結局小学校高学年になって「天動説」を信じている(!)っていう状況になったのは、ある意味、国家の教育政策の失敗の犠牲になったということだろう。国のどのお偉いさんが言ったのか知らないが、結局のところ実験(!)に失敗した格好だ。

 「ゆとり教育」が始まって、学校では教師たちが授業以外の仕事で時間に追われ、子どもたちは学校で教えてくれない部分を塾で補い、ん~、いったいなんなんだろう・・・?

 小学校で充分な学習ができないまま中学に進んだ生徒たちは、小学校の高学年で習う内容を中学校で復習しないと本来の中学の内容に進めないとも聞いたことがある。

 教員免許があるので、もし自分に子どもができたら、ばっちり勉強につきあってあげなきゃ。学校に任せておけないな~。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-21 12:13 | ニュースコラム

<< バイクにもETCを! レアル7歳と契約? >>