史上最弱?の日本代表は今後どうなる?   

私が史上最弱というのは、W杯の常連になってから、ということ。

今の代表は、人がいるところにボールを出す。もちろん、相手もいる。だからとられる。以上。

中田ヒデ氏が台頭してきたばかりのころ、ぽっかり空いた空間に強いパスを出して、大先輩の名良橋を全力で走らせて、追いつけないこともあって、「このシチュエーションなら感じて走れよ!」というプレーだった。中田氏よりも先輩たちが多かったころ、かみ合い始めたときの代表の試合は面白かった。

今はゼンゼン駄目。

パスの受けてはDFを背負ってゴールを背にして止まって受けている。これでは何もできない。

中盤のテクニックとか言ってるけど、受けるほうがこれでは、受けても後ろに返すだけ。その間に敵は固めるし、後ろに返すボールをとられて速攻。

それからセットプレー。日本の武器、なんていってるけど、先日の韓国のほうがよっぽど武器だった。だってあいつら思いっきり蹴ってくるもん。速くて低いボール。これ怖いよね。

一方で遠藤や俊輔。遅くて高い。日本の選手は小柄なのだから、高いと不利なのにね・・・。

最近ではマスコミは本田が鍵を握る、みたいな風潮だけど、松井大輔と森本を先発で使うのがよいのでは。

なんにせよ、足元で、止まってて、ゴールに背を向けている人と目が合ったら、そいつには出さない。アホかと。そんなポジショニングで求めるな、とボランチより下の選手は言い放ってほしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-05-29 23:39 | サッカー

<< イングランド戦 外国人参政権 >>