イングランド戦   

なんか、進歩していない気がする。

結局、自分たちの形=ショートパスをダイレクトでつなぐ、ってのができたのは前半だけ。そしてそれでも得点はできなかった。

後半は明らかに集中力がレベルダウンしていた。

90分間ずーっとピークの状態でプレーできないのは分かっているはずだから(長友は除く)、緩急をつけるとかできないものか。

日本人は体力的に集中力を90分間維持できるフィジカルってのは無いのかなぁ・・・?

でもまあ、緩急をつけるったって、後半残り15分くらいから再びピークに持っていって怒涛の連続攻撃、っていう体力の残し方が、サッカーというスポーツにおいてコントロールできうるものなのかはわからないが。

それにしても、本田は輝かなかったね。だいたいがゴールに背を向けてボールを受けてバックパス。それやっちゃダメなんですよ。

大久保に代えて松井かぁ。本田に代えてもよかったのでは。

岡田監督の選手交代のマネジメントは、今に始まったことじゃないが、不可解なことが多い。代えて劇的に空気が変わったという記憶が無い。

日本代表の試合で楽しいのは前半の25分くらいまで。ここんとこずーっとこんな感じ。なんとかしてほしいなぁ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-05-30 23:19 | サッカー

<< 社民が連立離脱 史上最弱?の日本代表は今後どうなる? >>