食料もらったら後は用無しかよっ!<怒> 北朝鮮   

日朝協議 不明10人新たな安否情報なし 進展望めず見直し論も

日朝協議 北、時間かせぎ…「報告」小出し


実験は新型ノドンか 射程3600キロ、核弾頭搭載可能 米政府筋


 今回はあまり深く考えないで書いてます。スミマセン。

 北朝鮮は、食料もらったら、当面の空腹がしのげたので、次に空腹になるまでは誠意ある対応をしないのか。25万トンのうちの半分が援助されたが、これはやはり、5人の家族の帰国と交換条件でしかなく、残された拉致被害者の安否情報の分ではなかったということか。

 つまりは、経済援助をしないと情報すら出さないということで、飢えた国民を(いや、飢えた指導者層なのかな・・)救ってくれたら、拉致してきた人を帰すよ、ということなのだ。

 日本には外交カードがなかったからとして、経済制裁の法律をつくってカードとしてちらつかせたが、成立させたとたんに「発動はしない」という約束をしてしまったから、まったく無意味になっている。

 相手は、無数の国民を飢餓状態に追いやっていながら、兵器の実験をしているような集団だ。もはや国家ではない。

 今経済制裁をすれば多くの人々が死ぬ、といって経済制裁をためらう気持ちは分かるが、援助したものが直接民衆の手に渡っていないことが確実だとしたら、援助に意味は無いことになる。

 マンボンギョン号の入港禁止はすなわち送金の停止になるし、経済制裁も科して、断固厳しい処置をしたらどうなのだろうか。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-26 15:14 | ニュースコラム

<< すごワザ その3 引きひねりで... まずは自力でおやんなさい、とベ... >>