郵政民営化内閣の誕生に思う   

 大西さんのサイトにTBです。

 新内閣の顔ぶれは見たことの無い顔が圧倒的に多く、民主党からは「人材を出し尽くした感」などといわれる始末。まあ、瑞穂チャンの「ノーサプライズ内閣、自民党最後の内閣、○○の内閣、△△の・・・」という息せき切った批判アピールはほっといても(社会主義者のいうことですから)、なんというか物足りなさが感じられます。

 それは郵政民営化を踏絵にして、賛成する人物のみ集めた「郵政民営化内閣」だということです。

 郵政民営化のみをターゲットにした内閣というのがあっていいものか疑問が残りますし、そもそも、「自民党をぶっこわす」「構造改革をやりとげる」と公言して来た小泉首相が、郵政民営化さえすれば、構造改革が成し遂げられるんだと言わんばかりの(組閣記者会見などでの)発言は、正直言ってかなりの違和感があります。

 郵政民営化がそんなに重要な懸案事項なのでしょうか?道路公団の民営化は?行政改革は?

 郵政民営化の疑問については大西さんが的確に指摘されています。

 郵貯・簡保に集まった巨額の資金が、無駄で無責任で非効率な「官」の事業に流れる構造を改めましょうという話。資金入り口となっている郵貯や簡保を民営化すれば、返済可能かどうかの審査や担保なしに貸し出すことはなくなるということではなかったのでしょうか。それならば、資金をどう絶つかというアプローチもあれば、資金が流れる先を減らすというアプローチもあるはずです。
 しかも、それがいつの間にか、民営化すればコンビニもできる、福祉事業もできる、民営化すれば効率もあがり、郵便局の未来は明るいぞという話にすりかわってきました。民間企業になれば税収もはいるとかね。効率化なら郵政公社よりももっと、「官」の事業の効率化を考えないといけないはずです。まずは官僚の無駄遣いをやめさせるべきです。


 ド素人の私でも、まずは官僚の無駄遣いをやめさせるべき、と思います。民営化と一口にいうけれど、従事する社員が官出身では話にならないでしょう。少なくとも経営者・役員・管理職といった上層部は、官を経験したことすらない人たちにすべきです。これは意思決定のスピードや意思決定の際の判断に、「官くささ」が残ってしまえば、いくら株式会社化したり独立採算制にしたところで、失敗するに決まっている。だって、官がやってきたからダメで、民営化するんでしょ?そこに官の感覚を持っている人がいちゃダメでしょう。

 よく民間出身の管理職を官の管理職に就ける話がありますが、結局その人一人では変わらない。組織として官のルールや不文律、感覚、感情が土壌として存在するところに、民を入れても成功するはずがない。組織の力というのはそういった強さがあるからこれまで堅固に組織されて来たワケです。

 なので、小泉首相のいう構造改革の結論が、官を民に変える、という1点でしかないなら、民営に向かない部門の行政改革は一切できないことになる。「構造改革の本丸が郵政民営化だ」というのは、実は、本来の「官の構造改革」ができないから、郵政民営化という目に見える成果をなんとしてもやるぞ、ということにすぎず、国民は「官は官のままで仕方ない分野の、構造改革をやってくれ」という要求に全く応えていないことになるでしょう。

 自民党には官出身の議員が多い。これらの人物が実は官という圧力団体の代表として国会に送り込まれている形となっているのなら、「官出身だからこそ、我々の知らない部分にメスを入れられるはず」という期待に全く応えられず、議員になってもなお甘い汁に群がっているだけです。

 郵政民営化なんかどうでもよい。各省庁内の不合理を合理化する強い政治リーダーが望まれているんですよ!総理、分かる?

PS
 靖国強硬派を外務大臣に就けてどうすんのよ?
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-28 13:35 | ニュースコラム

<< 食料支援先送り検討 神奈川県議会 法定外の交通費支給 >>