食料支援先送り検討   

食糧支援の先送り検討 次回日朝協議見極め判断

 12.5万トンの食糧支援を先送りするかどうかを次回の日朝協議で判断することになったらしい。

 当然だ。むしろ、今すぐにでも先送りすると通告を出し、納得のいく調査結果が報告されない限り、支援はできない、と通告すべきだろう。

 細田官房長官は

「先送りは固まっていない。いろいろな交渉を煮詰めていくことが最優先課題だ」
「次回協議での北朝鮮の態度次第では食糧支援の先送りに踏み切る可能性はある。世論は無視できない」


と述べたそうだが、世論を無視できないということであれば、「経済制裁すべき」という世論を盛り上げて、政府に迫ろうではないか。追加の食糧支援はもとより、経済制裁すらすべきだ。朝鮮総連を隠れ蓑にして巨額のカネを不正に送金したり、納税を拒否したり、無法者の集団だ。そのひどさはコチラの本を読めば分かる。

世論がもっともっと注目して、声をあげていきたい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-09-29 17:03 | ニュースコラム

<< キリ番20000はsou-sh... 郵政民営化内閣の誕生に思う >>