参院選が終わった   

 参院選が終わった。民主党の敗北と、批判票の自民帰り、また批判票の受け皿としてみんなの党が台頭したことが特徴だった。

 民主党の敗北を総括して菅総理は、消費税増税が短絡的に伝わってしまった、との見解を示し、丁寧に説明できていなかったことに対する反対票であって、議論をすること自体は否定されていない、という趣旨の発言をして、辞任を否定した。
 民主党政権になって何が一番変わったか。それは、政治家が、まるで官僚が形式的な論理だてを真顔で披露し、決して非を認めない姿になってしまったことだ。

 現政権の人たちの発言は、過去にさかのぼって、かつてこう言ってたじゃないか!と責めても、あっさりと、弁解もせず、「今」の論理を並べ立てる。

 俗に言う、「ああ言えばこう言う」状態だ。これでは、責め立てる気力も無くなるというもの。正直、選挙終盤の民主党幹部の言説には耳をふさいでしまった。いちいち彼らの非を指摘しても虚しくなるだけだからだ。

 極めて残念なのは、そうした虚しい言説がメディアに乗っかると、多くの有権者はその論理に惹かれていくことだ。

 例えば暫定税率廃止断念、また、子ども手当満額支給断念、いずれの場合も、財源が無いからというような理由を、結構簡単に受け入れてしまっている。財源は事業仕分けで捻出する、という取らぬ狸の皮算用だった約束手形は、結局、6000億程度の捻出が限界で、選挙目当てに半額支給にこだわり、その結果、この手形は落ちなかったのだ。通常なら、銀行取引停止だ。手形が落ちなかったから、約束を修正する。あの約束は無かったことにしてくれ、だなんて、商取引だったらあり得ない。でも、有権者は政府の約束とその履行について、そこまでギッチリ求めていない。無いのなら仕方がない・・・、日本人は非常に寛大なのだろう。

 菅総理は続投を早々に決めたという。財政再建と経済成長をパッケージとしてやり抜くのだそうだ。民意は選挙でしか明確に示せない。明確に示しても、自分たちの論理でねじ曲げて解釈されたのでは、民意を示しても無駄だ。今回の敗北は説明が足りなかったから、ちゃんと説明してやりきるから続投する・・・。

 自民党時代は選挙に負けたら辞任と相場は決まっていた。

 今、巷では、総理大臣がころころ変わる弊害を口にする人が増えているが、本当の脱官僚政治ならそのとおりかもしれないが、総理大臣が国のあるべき姿をビジョンとして語れなくても行政が進んでいくのは、官僚がちゃんと仕事をしているからだ。つまり、脱官僚ができないなら、総理大臣が責任を取って辞める、というシステムは、少なくとも民の反映という意味では重要な意味を持つ。

 しかし、負けたのは説明不足、という言い訳は、民意がどうあろうと俺たち、あるいは俺は権力を手放さない、という宣言と同じだ。

 この国の政治システムは機能不全に陥っている。
[PR]

by cogno_eb2 | 2010-07-24 12:36 | ニュースコラム

<< 菅内閣は靖国参拝ゼロ 祝!決勝トーナメント進出! >>