楽天証券で中国株の話(1)   

 最近、楽天証券で中国株をやってます。職場で「やってみようぜ」って話になって、軽い気持ちではじめました。

 楽天証券ならオンラインで注文を出したりできるから楽そうだし、中国株だと、現地手数料が無料なので、楽天証券にしました。

 さて、初心者の私としては、大いに困ったことがありました。

 それは、既に所有していた株が高騰してきたのと、前から注目していた株がやはり値が順調に上がってきたので、所有しいているのを売って、注目していたのを買おうと思ったんですよ。

 ただ、注目していた株は、今持っているやつを売っても、大幅に追加資金がいるので、楽天証券の自分の口座に追加分を入金しなくてはいけないのです。

 普通、インターネットでの銀行取引では、入出金は即座に反映されるでしょ?でも、新生銀行から楽天の口座に入金したのに、反映が遅いんです。結局夜が明けた次の日になってしまいました。

 さらに、売りに出した株がその日には売れず、現金化できなかったんです。せめてこの幅で売りたいって指定ができるといいんだけど・・。

 つまり、買い時だった株の資金が作れず、その間に値がググッと上がってしまって、なんだか損した感じ。

 売り注文を即座に変更できる(売値の変更や取り消し)ソフトの使用料は年間6300円。まだ本格的にやるわけじゃないし、やっぱそこまでの投資はできない。っていうか中国株は対応してないし。

 そして、口座に入金しても反映が遅く、感覚では営業日をまたがないとムリそう。

 オンライントレードとはいいながら、これだけ時間がかかってしまうのは、もうちょっとなんとかならないかな~。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-10-05 11:05 |

<< 楽天証券で中国株の話(2) 楽... 10月10日10時といえば? >>