1次予選突破! オマーンに1-0勝利!   



平常心で思惑通り 日本、第1関門をクリア

「非常に満足できる試合内容」ジーコ監督=サッカー日本代表

 眠い試合だった。前半はがっちり引いて守るオマーンに対し攻撃の突破口が開けない。中盤まで攻め上がってもパスのだしどころがなくて後ろへ戻すの繰返し。結局バックラインでボールをまわしているだけのような展開。

 とはいってもこの試合は引き分け以上でよい、という条件があるから、ムリすることはないのだが。

 相手のオマーンが速攻でするするっとゴール前までボールを運び、最後のシュートまで結びつけるのに対し、日本はといえば途中で攻撃が終わってしまう。

 アジア勢と戦っている姿でいつも思うのは、なぜ相手が簡単に抜けてくるのに、日本はなかなか抜けていけないのか、ということ。特に、FWが中盤でボールを追いかけるシーン、それに加え、FWがボールを持つときは必ずと言っていいほどゴールに背を向けた状態で、しかも最終的にはMFにはたいてしまう。つまり、ボールが後ろへ戻ってしまうのだ。

 サッカーはやはり欧州のサッカーが面白い。スペースを広く取っているけれども、一瞬の判断の寄せが早かったり、2-3人が連動する動きがあり、しかも早いので、ボールを「まわす」とか「つなぐ」という意識を無意識の領域にまで押し下げたかのようなプレーが目立つ。体が勝手にやっているかのような。

 そういう相手の時は、苦しみながらも日本は同じようにプレーできているように見える。一方アジアを相手にしているときの日本は、ガッツンガッツンあたってくる相手に対して「つなごう」という意識をあえて全面に出さないとつなげないという感じで、それができないと一気に試合がつまらなくなる。

 欧州に欧州スタイル、南米に南米スタイルがあるのなら、日本スタイルっていうのもあっていいと思うが、いまいち型にはまった攻撃ができていないような気がする。

 鈴木が値千金のゴールを奪った。FWというとロナウドとかエメルソンとかを連想するが(ハゲ、じゃないよ)、鈴木はとにかく相手ゴール前でファウル→FKをとるためのFWのようになっている。

 決して批判ではなくて、アジアではそのような役回りは有効だし、結果もだしているからいいんだけども、日本のFW像としては次の段階に行くべきかなぁとも思う。高原も一時のようにゴールにがむしゃらに向かうようなプレーよりもポスト系のプレーが多くなっているし、玉田のようなスピードスターがいないときの2トップはなんだか迫力に欠け、得点の予感がしない。玉田や久保、下の年代では田中達也や大久保といった、相手を切り裂くドリブルを持ったFWを使って、生かしていくようなサッカーにしないと、いつまでも黄金なのが中盤だけでは勝てない。

 飲み会帰りの眠い目で、そんなことを考えながら試合を見ていた。

 これでドイツへの道がつながった。日本がドイツへ行ったら、私も行くのだ!GO!2006!
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-10-14 07:30 | サッカー

<< 『北朝鮮拉致 奪還』 総集編 ドルフィンファンタジー in八景島 >>