計画停電は公平か?   

計画停電が実施されるようになって一週間ほど経ったのだろうか。

現在5つのグループに分かれて実施され、5つの時間帯を”公平に”順番に割り振っている。

しかし、4番目、5番目の夜の時間帯には実際に停電するが、それ以外の時間帯は「需要が供給を下回っている」として実施されないケースもある。

これでは、停電の影響を二日連続でこうむるところと、このまえの3連休で実施されなかったように、何らかの理由で夜が回避されるラッキーなグループとが出る。

計画停電なら、計画した以上やったらどうか?

中止したら計画表をずらしたらどうか?

いやいや、混乱を避けるために、土日祝日は工場などの大口需要が減って回避できるなら、計画停電は平日だけの計画にしたらどうか?

不公平だと思うのは、実はそのことではない。

子どもの幼稚園のネットワークで飛び交うメールから判断すれば、同じグループでも、停電になる世帯と、今まで一度も停電を経験していない世帯があるということだ。

計画停電だ何だと世間が騒いでいても、自宅での生活にはまったく支障がない人たちがいる。

この夏も、次の冬も停電するという見通しが伝えられているが、この先ずーっと停電とは無縁な世帯があるというのは不公平極まりない。

もうすぐ2歳になろうという下の子は、停電中はろうそくの火や懐中電灯でも怖がらなかったが、夜泣きがひどくて夜に寝られたものではない。

特に夏になると冷房が止まるから、生活への支障は今の比ではなくなる。

仲間内で、停電とは無縁な世帯に押しかけて、ガンガン電気を使う、なんて無節操な事態も生じるのではないか。

東電のやることなすこと、不信感でいっぱいだ。半公共的企業だと思ってたから、もう少ししっかりしている企業かと思ったら、素人すぎてあきれ返る。

あーあ。昨日は18時20分から停電で、今日は19時まで停電か。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-03-23 00:56 | 雑記(日記?)

<< 幼稚園デビュー ガソリン狂想曲 >>