ついに子ども手当が廃止   

民主党のバカどもが、ついに子ども手当を廃止すると言い出した。統一地方選のヤマを越してこの動きですか。姑息ですな。

復興財源が不足するから廃止だそうだ。

つなぎ法案で2011年10月までは支給するが、その後は児童手当の復活とのこと。

しかし、所得税の扶養控除が廃止され、来年1月から住民税の扶養控除も廃止される。

子ども一人あたり年間38万円×税率の分だけ増税になっていることを忘れてはいけない。

子ども手当の財源にあてるから増税したはずだ。子ども手当が廃止なら、控除復活が道理。

しかし、そのことにいち早く言及した自民党は手当廃止と控除復活を公約として明言しているが、これまで民主党はお得意の分離論で、控除については触れていない。

今日、ようやく原口元総務相が廃止&控除復活に言及したが、民主党の公式見解ではない。

子どもを持つ親たちは、児童手当の復活の裏側で、きっちりと控除復活がなされるのか注視すべきだ。

こんなことを繰り返していては、この国は早晩ダメになる。

マニフェストは破綻した。政権交代の根拠は崩れ去った。

「お前はもう死んでいる」だ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-04-13 23:01 | マニフェスト

<< 消費税増税 3%上乗せか 幼稚園デビュー >>