国立マンション訴訟 守るべき景観の定義   

 やはり、今回の裁判の柱の一つに、景観権が認められなかった、ということについての憤りというか、不快感というか、疑問・・そういう感情があると思います。原告はもちろんのこと、この問題に関心をもって見守っている人々の中には、裁判所の判断に異議を唱える人が多くいるようです。

Miscellaneous Thoughts
 私は以前、国立市で問題のマンションを見たことがある(というか、近くに住んでいた)。はっきり言って、景観にマッチしていないとは思う。周囲が一戸建てや高さの低いアパートしかない中で、そのマンションの巨大さと、圧迫感たるや、「凄まじい」という言葉がピッタリ当てはまると思った。

 正直なところ、直観では、撤去命令まで最高裁が認めるとは思えないが、心情的にはあの景観は守って欲しいというのが本音である。


 低層住宅地に巨大なマンションが出現したら、それはそれは異様な光景になることは誰にでも想像がつくでしょう。実際に国立に住んでいたというMiscellaneous Thoughtsさんがおっしゃるのだから、なるほど、景観を壊してしまっていることは明らかなようです。

勘繰り屋
 とはいえ裁判という問題を離れれば、僕は勝訴か敗訴か、合法か違法かにかかわらず、古くから存在する伝統ある町並みを守りたいという住民側の主張に強く共感しています。
 日本全国どこもかしこも高層ビルやマンションが立ち並ぶコンクリートの森では、なんか味気無いじゃないですか。
 歴史や文化のかけらも無い。
 地域住民が自分たちの住む場所の景色を守りたいと思うのは至極当然の発想だと思うのですが、どうしてそれが否定されてしまうのでしょうか。


 高裁は、「地域住民が自分たちの住む場所の景色を守りたい」とする気持ちや行為を否定したのではないと思います。それが一つの権利として主張できるかどうか、今回のケースはその権利が侵害されたと認められるか否か、という判断だったのではないでしょうか。

 それは、権利を主張するには、国立市の景観とは何であり、どのようになったから権利が侵害されたのか、訴える側が定量的に示す必要があったでしょうね。

 これが日照権の問題であれば、定量的に示すことができ、十分に権利の侵害を訴えることができるでしょう。そのマンションが建たなければ一日5時間の日照があったのに、建ったおかげでわずか30分になってしまった・・。これで健康的な生活がおくれるのかと。

 でも、今回は景観が争点となっています。残念ながらこれは主観的領域と言わざるを得ないでしょう。もし、「並木道の景色は、沿道を歩行中に、並木の高さから建造物が見えてはいけない」ことが国立の良好な景観なのであれば、それは現行法の枠組みで、高さ制限という形で実現できるのです。

別冊aradas 【from Atlanta】
 私にしてみたら、今回の訴訟ネタになっているマンションよりも、駅舎の向こう側に建っている高層マンションのほうがよっぽどジャマ!私も住めるもんなら住みたいですよ。いや、マジで。それでも、こうやって景色を楽しむ時にはちょっと目障りだなー、って思っちゃうんだから勝手ですね・・・。


 実は、私もこの別冊aradas 【from Atlanta】さんの意見に激しく同意なんです。車で大学どおりを通ったり、あるいは並木道の写真をとろうと、国立駅にむかってシャッターをきったときに、駅舎の向こう側のマンションがあまりにも目障りなんですよ。並木道の美しさは、並木が両サイドから前方に向かって立ち並んでいる位置に立ったとき、最も美しいと感じると思います。冬ソナのワンシーンのようにね!

 写真があるので是非別冊aradas 【from Atlanta】さんのサイトに行ってみてください。

 この観点でいくと、今回問題になっている明和地所のマンションは、個人的にはそんなにひどい影響を与えないような気がしています。明和のマンションの逆サイドに立って、正面から見たら、それは確かに異様でしょうが。むしろ駅の向こうの建物は、明らかに邪魔です。

 そういうわけで、国立市の景観を定義する際に、見方によってはいろんな見方が存在する、ということになってしまうと思います。

 私も反対派住民の皆さんの、わが街を守る!という気持ちは大いに理解できるし、自分の街にこのようなことが起こったら、同じように反対すると思います。最高裁にもつれこんだとき、この景観の定義、権利を侵害されたという客観的、定量的な立証がどこまでできるかが課題だと思います。

 裁判官に「現場を見てから言え」といって、実際に現場をみて、裁判官が「こりゃひどい」と思ったから原告勝訴、ってわけにはいかないことは、誰にでもわかることでしょう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-11-02 11:20 | ニュースコラム

<< 柳沢MVP 絶賛の嵐 国立マンション訴訟二審判決を受... >>