ガンと闘う(3)   

二酸化炭素を抜き取る処置が終わり、母は麻酔から目覚めた。入院してから1ヶ月半がたった。体力がすっかり落ちてしまった。

このタイミングで、父と兄が医者から重大な宣告を受けた。このままだと余命1ヶ月。終末期医療へ移ったほうがよいと。

電話で医師と直接話をした。母は回復するためならと悩んだあげくに決心をした肺の癒着処置だった。呼吸の領域を確保すれば、今後水がたまっても呼吸困難は避けられる、処置を勧めたのは他ならないこの医師なのだ。

とにかく、母の希望を失わせるようなことだけはしないでほしい、宣告などしないでほしいと強く念押した。医師からは、今後今回のような二酸化炭素がたまるような状態になったら、外科的な処置は体力を落とすだけだから命を短くするだけなのでできないと言われた。家族で話し合うことになった。

すぐにでも実家へ飛んで帰りたかったが、月に一度開催している若手育成のための勉強会の講師を務めているため、それをやりきって車で移動することにした。集まってくれた後輩達はちょっと少なめだったが、全魂込めて講義を行った。終了後その足で実家へと向かった。

家族での話し合いでは、最も苦しい状況を目の当たりにし、医者と直接話をした父と兄は、かなりの確率であきらめ感に支配されている。実家を離れた私と弟は、医師は「最も厳しい状況が続けば」という前提で言っているのだから、今は、母が希望を胸に体力の回復に向かってくれることのみを考えるだけだと、とにかく家族全員が前向きに進むしかないと、その重い空気を一蹴させるのに必死だった。

背中を開いた大手術から食事が取れるようになるまで4週間。その後すぐに癒着の処置をしてしまったことに後悔の念がぬぐえない。兄がいうように、今は体力の回復のほうが先ではなかったか。父も医師に対して思いは爆発寸前だった。こんなことになるとは。命を縮めただけではないのか・・・。

とはいえ、肺の癒着の処置は背中の手術よりは体に負担をかけてはいないはず。漸進的に体力は落ちていると考えられるものの、肺の処置から少なくとも4週間経つまでは推移を見守ろう。医師は最悪の体調の時に最悪の判断をしたが、回復すれば「良かったね」と言うだけだ。医師がこの先のことは誰も分からないというのなら、誰一人この先のことはわからないんだ。回復しないと言い切れる人間も一人としていない。

2時間に及ぶ議論は、まずは回復のための処置をする。終末期医療への転院は、本人が死期を悟ってしまうリスクがあり、気力が萎えたら終わりだ。よってその話すら本人にしない。ウソをつくわけではなく、家族は全員回復を願っているわけだから母を励ますのみだ、ということで一致した。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-11-29 22:41 | 雑記(日記?)

<< ネットで中古車の査定額がわかる!? ガンと闘う(2) >>