ネットで中古車の査定額がわかる!?   

うちのクルマが買い換えの時期を迎えた。

初度登録から10年、中古で買って走行距離はもうちょいで11万キロになろうとしている。

常識的に10年10万キロ超えは値段が付かない、と思ってたし、車検を依頼しているディーラーにも「値段はつかないですね」と言われてしまっていた。

中古車市場には、中古パーツ市場も細々とあるらしい。いわゆる解体屋が使える部品を売り、事故ったりこすったりしたクルマの持ち主が、中古状態なのにディーラーで新品の部品をつけるのはちょっと・・、と考える需要に対し、リサイクルパーツで修理、という自動車工場もあるからだ。

よって、まず解体屋に見積もりを依頼した。アンダースポイラーなどのパーツにキズがあるので、その写真も送った。5万の値段がついた。その解体屋のHPには「買い取った後販売することもある」と載っていた。

そこで、複数社に一斉見積もりというネットの査定サイトに登録してみた。

ハナシが長くなったが、ここからが本題(笑)。

ネットで中古車の査定額はわからない、というのが結論。複数社にこちらの情報を提供し、受け取った会社から「是非一度無料出張査定にいかせてほしい」という電話がくる。

この返しのスピードがハンパ無く、サイト上で登録したらすぐに電話がきた。そっち方面に社員がでばってるからこのあと行くとのこと。

ほかの会社からも電話がすぐに入った。めんどくさかったので「ネットで分かると書いてあったから依頼した。メールで結果を返してくれ」と出張は断った。その結果、相場は10万前後。詳細は実車を見て下がる場合があるとの条件付き。

結局、最初に連絡があった会社がうちに来た。スポイラーのキズや内装の汚れなんかは目もくれず、走行距離、型式年式など車検証の情報、エンジン音、事故歴からパーツの接合部のチェック程度ですぐに数字が出た。5万とのこと。解体屋と同じ。解体屋も売るんだろう。

相場は底値で、これ以上は下がらないから判断は今でなくても良いとのこと。ノンターボ車なら値段はつかなかったとのこと。

キズのことを話しても、「是非ほしい」とまで言われた。

どうやら、中古車市場の相場は5万らしい。ネットで10万前後なんて言ってきたのは甘いささやき(エサ?)であって、会社が変わっても底値の5万は動かないと判断した。

クルマはレガシィツーリングワゴン GT-B。Eチューンだったら値段はさらに違うらしい。

ネットの査定サイトは実際に出張査定に行くためのエサ。よーくわかった。

5万で買っていくらで売られるのだろう?
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-01 00:26 | 雑記(日記?)

<< ガンと闘う(4) ガンと闘う(3) >>