新子ども手当は月5917円?   

新子ども手当の概要からすると、3歳未満の子には差し引き月5917円、3歳以上の子には差し引き月917円、ありがたくもお上からいただけるそうな。

この差し引きの計算方法はこうだ。

一人あたり年38万円の所得税の控除が廃止されたので、これに所得税率をかけた分が増税。
同様に、年33万円の住民税の控除が廃止されたので、税率10%をかけた分が増税。

仮に所得税率が20%の世帯では、38万円×20%=76000円の増税で月6333円。
住民税は33000円の増税で2750円。

3歳未満にもらえる子ども手当は月15000円だから、15000-6333-2750=5917円ということ。
3歳以上の場合は月10000円だから、10000-6333-2750=917円。

これに「扶養控除廃止で負担増になる世帯があるから」ということで月1000円か2000円が上積みされるそうな。

上積みされたとしても、児童手当制度の時代のほうがまだ手厚かったっすね。

もはや覚えていませんが、マニフェストでは「政権を取らせて下さい。取ったあかつきには新しく子ども手当制度を作って今よりたくさん給付します」ってことだったと思うんですよ。それが、3歳以上917円ってなんなんすか。

これだけ削って、給付対象者広げて、広く薄すぎるほど薄く給付することに変わった。

控除もろとも元に戻せば?制度改悪にもほどがある。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-15 21:12 | マニフェスト

<< 富山へ帰省 せっかくのクラブW杯、日テレで... >>