大阪屋のますの鮨   

私の実家のそばには、大阪屋というスーパーマーケットがあります。

新湊や氷見でその日の朝水揚げされた魚の刺身が「朝とれ」というシールが張られて普通に並んでいて、まあ、富山では当たり前なのですが、大きなチェーン店なので他の店よりも「お勉強価格」なので庶民の台所になっているスーパーです。

ここにはスーパーものの「ますの鮨」があります。朝行かないと昼過ぎで売切れてしまう人気商品。

a0009333_22105816.jpg


スーパーもの、というのは、この写真の状態(ラップは外してますがね)で売っている格安の商品ということ。

ますの鮨と言えば笹に包まれていて、竹の容器に入っているきっちりとしたもの(ブランドもの)がもちろんおいしいのですが、最近は値が上がってしまって、一段で1300円ほどすると思います。

このスーパーものは498円。冷蔵庫に入れずにその日に食べるのであればそんなに味に問題はありません。

駅弁で有名な漢字一文字のブランドを食べるくらいならこっちのほうが満足感あり。

そのほかにもお正月商品が割安でそろいました。関東で買うよりもやはり物価安の印象がありますね。量が多くて関東の値段よりやや安か、分量の比例で比較すると確実に安い商品ばかり。

このお店は駐車場が広いのですが、夕方はまさに戦争です・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2011-12-30 22:16 | 雑記(日記?)

<< 満寿泉 オススメの地酒 富山へ帰省 >>