レッズの負け方が気になる   

 チャンピオンシップでの敗戦のショックを軽く引きずっています。

 思い返してみて、ふと気になったことがあります。それは、FC東京とのナビスコ杯決勝と、チャンピオンシップ第1戦の負け方が、よく似ているということです。

 レッズと対戦する相手が守備を固くしてくることは百も承知。得点王のエメを筆頭に、超強力3トップの布陣でこられた日にゃ、守備を固めてカウンターになるのがあたりまえ。

 これまでのレッズの闘い方は、前半を怒涛の攻撃で攻めまくり、得点を奪ってからは一度引き気味になる。相手が出てきたところで再度アタックをかけてダメを押す。

 つまりは、キックオフと同時にぶわぁーっと駆け上がるわけ。

 でも、ナビスコの決勝は、FC東京の先制攻撃にリズムを崩したのか、意表をつかれたのか、いつもの感じではなかったように見えた。FC東京が10人になってからは「いずれ点は奪える」といった気持ちが生じたかどうかは本人たちに確認しないとわからないが、なんだか少しばかり余裕ができたように見えた。

 チャンピオンシップ第1戦も、まず攻撃のリズムを作ったのはマリノスのほうだった。しかも、ひたすら前線へロングボールを放り込み、トゥーリオたちがヘディングでクリアしたセカンドボールを常にキープし、いとも簡単に前線にボールを出した。まるで、レッズDFをポストプレイヤーに見立てたかのように。

 第2戦ではさすがに修正してきたレッズだが、DFで跳ね返したセカンドボールをキープできても、マリノスDFが執拗にFWをマークし数的有利を作り出すその部分は、第1戦同様突破できなかった。

 私が思ったのは、FC東京戦でも経験したはずの、前半の早い時間でのマリノスの猛攻に、あきらかに対応できていなかった。第2戦でようやく対応できたものの、10人になった相手にことごとく抑えられてしまった。

 FC東京もマリノスも、10人であることを忘れさせるくらい、局面での数的有利が目立ったように思う。

 若いチームだけに対応力で差が出たか。それとも、FC東京やマリノスのような、守備に重点をおいて、少ない人数でひたすら縦の突破を狙うチームには弱いのか。
 
 次は天皇杯だが、リーグ戦と違って一発勝負のトーナメントでは、類型化された弱点をゲーム中に修正する力がないと勝ち上がれない。

 よくスポーツ選手は「自分たちのプレーをすれば」と言うが、弱点を修正できずにいつものプレーをしたのでは、サッカーは勝てない。

 レギュラーシーズンでは見られなかった戦い方をしたマリノスが、第1戦を完璧に闘った姿を見て、さすが強豪だと感心した。

 ナビスコとチャンピオンシップを戦ったレッズが、天皇杯でどのような姿を見せてくれるのか楽しみでならない。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-12-14 18:19 | サッカー

<< 「社保庁の改革の結論は来夏」な... 鎌倉由比ヶ浜にお洒落なお店発見... >>