住民税の扶養控除廃止はこの1月から   

住民税の扶養控除廃止がスタートしましたよ。

子ども一人あたり一律33000円(年額)の増税です。

うちは2人なので66000円の増税ですな。月額5500円のマイナスか。

注意していないと気がつかないかもしれないけど、しれっと取られているのでご注意あれ。

住宅ローン控除の期間中の人は、とられるはずの税額とローン控除の額が相殺されているから余計わからなくなりそう。

年末調整で所得税の清算がされ(払いすぎの人には還付があったはず)、さらに次年度の所得税の住宅ローン控除の額が算定され、その分の還付があったはず。住宅ローン控除の額が所得税で納める額を上回った場合、もっと還付される額は住民税で調整されることになってます。

ただ、住民税は所得税と違って還付制度ではなく、月々の住民税額から差し引く形をとるので、いつもよりも住民税が取られていない=手取り額がUPする。そこから扶養控除廃止分の増税分が差し引かれるから、見た目ではほとんど変わりない=気がつかないかもしれない。

よーく見てみてください。

住宅ローン控除の額をそのまま繰り上げ返済にと考えている人は、住民税の減税分を積み上げておかないと気づかないうちに使ってしまってた、ってことになっちゃいますよ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-01-17 20:54 | ニュースコラム

<< 笑い飯哲夫、アンタッチャブル山... 4歳の息子と五目並べ >>