車屋のタッチー(1)   

かつて「すべらない話」でMVSを取ったキム兄の「車屋のキクチ」という話があったが、それをもじって「車屋のタッチー」というお話。

来月、うちに新しい車が届きます。

前に、ネットでつらつら見ていたら「新車値引き」という表現があり、気になったので見てみると、その会社はパーツ屋で、ディーラーから新車を購入して自社パーツ(エアロ)をごてごてに付けて納車、その値段がディーラーでノーマルで買うより安いというフレコミだ。こういった会社は結構あることを知り、楽しいのでいろいろ見ていた。

そのうちの一社が購入を決めた会社。場所は大阪。さすがに通販で車を買うのはヤバイと思ったので、家族旅行を兼ねて大阪へ出向いた。

アポを取った方がいいのかと思いメールをしたら、「見積りご希望ですか?」と一言帰ってきた。

一言だよ。一言。あり得ない。なんだかコワい。

担当者の名前もなし。

「見に行くだけ」と答えたら、

「ご希望の車種はありますか?」とまた一言。

なんじゃコイツ。あとは無視した。

当日、この会社へ家族で行った。波田陽区似の若い兄ちゃんが出てきたので「メールしてた○○ですけど」と伝えたが、伝わってない表情。

今日来るってメールしたじゃん。

一言メールを返してきたヤツ誰だよ!(怒)

とにかく実車とパーツを見て、車自体は大いに気に入り、もはやノーマルで買う選択肢は無くなった。

波田陽区の兄ちゃんは、名前をタッチーという。こいつ、若いのにとにかく今日契約したい気丸出しで攻めてくる。


ま、それも当然だろう。神奈川からはるばる来た客だから買う気があると見られて当然だからね。

「まだ試乗してないし」とやんわり断りモードに入っていくと「ちょっとすみません」といって奥へ下がる。しばらくして戻ってきて「社長に試乗できないか掛け合ったんですけどダメでした」とのこと。「ディーラーでまずは乗ってみてから」と押したが「遠くから来て貰ったんで頑張ります。」と押され見積りを出して貰うことに。

「今日契約してくれたらの値段です」と出してきた金額が、会社HPの説明と大違いの値段。「おいおい」ってことでなぜそんなに違うのかの説明をさせる。

「本体価格にパーツの値段を加算して大幅値引きをして諸費用加えずに○○円から」って書いてあったじゃん。80万くらい違うけど。何これ?

一応、説明を聞いたがこれでは厳しい。「いくらなら検討して貰えますか」と食い下がるタッチー。納車を引き取りに変えて陸送費を無くして4万ダウン。そこから10万ダウンの提示をした。裏の事務所に消えるタッチー。

「すみません。値引きしすぎると営業の成績に関わるから行き過ぎたダウンはできないと言われました」って。

知らんがな。そっちの問題じゃん。

「だから、今の車の車検も残っているし、試乗もしてないし、今日ここで決めなくてもいいって言ってんじゃん」と席を立とうとしたら粘るタッチー。「もう一回行ってきます」。いや、いいって。

しばらく待ったら、「その金額でOK出ました。」だって。

ディーラーのサイトでセルフ見積りを済ませていたので、同じグレードをドノーマルで買って値引き限界値まで下げさせた値段より少し低いくらいの金額。

もちろん、新車登録のための神奈川までの陸送費とか入っているから、地元大阪で買えばもっと安くはなっている。それでエアロがごてごて付いていて、シートカバーもあり、ナビもあり、アルミもインチアップでってことになっているから、安い買い物。

この日はサインして手付け払って帰宅の途につきました。結局4時間半この会社にいたよ・・。

つづく
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:29 | 雑記(日記?)

<< 車屋のタッチー(2) 衝撃の結末 プロ野球のキャンプ情報なんてや... >>