車屋のタッチー(2) 衝撃の結末   

車屋のタッチー(1)の続き

後日の話。この会社は会社としてどーなの?ということが続発。

○日までに残額の半分払ってという指定の日に払ったが、入金の確認しようとしたらその日はお休み。

はぁ?休みならこの日までにって指定すんなよ。

数日経っても入金確認の連絡こないから、こっちから電話した。「タッチーお願いします」「あいにく接客中で・・」「折り返しケータイに電話くれ」でその日電話こず。

次の日メールする。リターン無し。

別の日、電話する。今度は他の電話で電話中。しばらくして折り返しがきた。「大金動いてるんだからそういうところしっかりしろよ。この前出たヤツ折り返すって言ってたじゃん」「そうだったんですか?聞いてなかったんです」とタッチー。

なにしろ電話に出たヤツはこっちの名前は必ず聞くが自分は名乗らないので、誰に伝えたかこっちも言い返せないのだが。

しっかし、会社の信用ってものをどう考えてんのか、この会社は。

領収書の宛名違いとかあって、同じようなやりとりがもう一回あって。

別の日、カスタムカーの会社だから、カラーリングが自由にできるので、詳細を詰めたいからどこをどう選択可能なのかリストくれと言ったらリストは無いという返事。

デモカーが白でガンメタ塗り分けとかかっこよくやってたんだけど、私は車体を黒にしたので黒にガンメタはさすがになかろうと、雑誌とHPをにらめっこしながらここはこの色、シートカバーのタイプはこれで色はこれ、という感じで全部リストアップしてメールで送信。

これって営業がやる仕事だよな~。

タッチーからすぐに返しがあるはずがなく、2週間が経った。さすがに頭に来たので電話。またつながらず。

ようやくタッチーから電話がきて、「これはいけます。これもいけます。」と一点ずつ確認。

シートカバーのタイプはダメ出しくらった。

「これは発売したばかりなんで、まだサンプルも届いてないんスよ」

だから知らんがな。サインしたときに「この中から選んでください」と渡された雑誌に載ってるから、選んだんだよ。だからこうなることわかってたからリスト示せって言ってんじゃん。

「そんなん後出しジャンケンじゃん。ダメだよ。」と要求を飲ませ、カスタムの内容をようやく確定。

ある日、ディーラーのサイトを見ていたら契約時のベース車が無くなってラインナップが変わっていた。契約時の車両を確保してしまっているなら新古車的になるので金額下げてやろうと思い、この場合扱いはどうなるのかとメールした。

1ヶ月ほどたってからタッチーから電話がきた。タッチーはこのくらいの時間がかかるヤツだとわかったからずっと待ってた。

「ディーラーのラインナップが変わって、ベース車が変わります。ベース車が前より機能が増えているのに価格が下がったので、前のベース車にオプション付けた部分が本体価格に含まれ、いくらか返却になります」ということ。

ベース車の本体価格が8万の差だったので「8万戻ってくるのね?」と確認。「うーん、ちょっとこのお電話では・・・。計算して電話します」

また一月後か・・・。

これが秋ごろの話。

11月に入った。電話した。「今日は休んでます」。後日電話することにした。

翌週「今日は休んでます」ん?何かおかしい。予想を超える展開の予感。

「え?ずーっと休んでるの?」「はい。」「休んでるじゃ困るから誰でもいいから返金の話がどうなったか連絡くれ」

またしばらく連絡がない。頭に来たから、法的に有効な覚書の書類を作ってハンコ押して返せと手紙を書く。覚書にはカスタマイズの項目がずらりと並び、もちろん、差額8万と明記。

それでも反応無し。電話した。タッチーを呼び出してもらちがあかないので、こちらが名乗ったあと担当を出せと。
「席を外している、折り返させる」という。バカタレ。「担当は○○ですが外してます」だろが。それに折り返しかかってきたためしねーだろ。「担当の名前は?」と不機嫌さ満載で名前を確認した。

後日そいつを直接呼び出す。差額は2万だという。だから覚書にハンコは押せないという。

なぜ2万になるのか確認。納得はできなかったが、以前交渉してた肝心のタッチーがいないから、らちがあかない。「辞めたのか?」と聞くと「連絡が取れない」という。アホか。そんなわけ無いじゃん。

結局、社で用意している安いカーナビを、価格.comで一番高いカーナビに代えさせてこちらも手をうった。納車は来月だ。

うるさい客だから若造だとやばいと思ったのか。担当を代える口実にしてはガキっぽいが。

納車は引き取りだからその日休めばいないことになるし。

いずれにしてももう二度と会うことはないだろう。さようならタッチー。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-07 23:36 | 雑記(日記?)

<< 選挙制度改革論で置き去りにされ... 車屋のタッチー(1) >>