選挙制度改革論で置き去りにされている視点   

政府・民主党は一体改革の中で「隗より始めよ」ということで、衆議院定数の削減と選挙制度改革について言及している。

まずは素人でもわかりやすい量的な削減ということで定数減に言及し、さらには小選挙区比例代表制の制度改革について検討を加えるとしている。

議論の方向は、比例代表を並立制のまま数をいじるか、連用制という別の制度にするかという話になっている。

ああ、小選挙区制は変えないのね。

小選挙区制度は二大政党制を目指して導入されたもので、二大政党制の目指すところとして、政権交代を可能にすることで、安定した政府を実現させながらも失政には「下野」というペナルティを加えようとするものだ。つまり、集合離散の繰り返しで不安定な政治の回避、そして、集合離散による失政の責任回避を認めないという理想像がベースにある。

その理想像はよい。

しかし、集合離散の末に誕生し、政権交代という果実のみで一致団結した民主党が実際に政権をとってどうだったか。

結論から先に言うと、この政治的に幼い日本で、二大政党制の理想を追い求めることは、やや早すぎたのではないか、つまり、小選挙区制度そのものも見直しの議論に上がっていいのではないかということだ。

民主党には「隠れ小沢党」もいれば「隠れ社会主義党」もいるし、「隠れ労組党」やら「旧自民党」だっている。これは派閥政治で一党独裁していた自民党の構造とあまり変わりない。

国民は、派閥政治の一党独裁に懲りて政権交代を容認したのではなかったか。一回やらせてみるかと。

しかし、構造的に自民党の派閥政治と同様の難点を抱える上に、自民党と異なり派閥のトップにのし上がれば大臣のイス、失言一言でイスから転げ落ちればほぼ再起はない、といった、リスクを見据えたリミッターが働いていた時代と異なり、今の民主党は言い訳としか聞こえない「批判に対する認識の違い」やら前言撤回なしの「言い換え」や「新解釈」で、リスク回避できると踏んでいる体質がある。

また、イスに座れる大物が限られているから、失敗しても次があるという緩い空気が、結局のところ権力の座の居座り状態となって国民の批判も届かない状況を作っている。

だから、二大政党制なんて幻想だったことを知るべきだ。まだまだそのレベルにないと。

そもそも、一回やらせてみるか、という判断のもとになったのは、おいしそうな料理がならんだメニュー表であるマニフェストだった。

これを本当にやってくれるのなら「一回やらせてみるか」となったのだ。まさか、これだけ大々的に「やります」と言っておいて「やらない」ということはないだろうと。

選挙前から寄り合い所帯であったことはみんなわかっていた。隠れ社会主義政党や隠れ労組党を抱えて本当にやっていけるのか、危惧をしていた有権者は少なくなかっただろう。でも、自民党と構造的には変わらないのなら、これまでの政治に不満のある自民党より、マニフェストを実行すると言っている連中に、ある意味賭けたのだ。

しかし、有権者の賭けは失敗した。先物相場で大損してしまったのだ。

政党が公に約束したことがホゴにされ、撤回ではなく最善の選択とやらなんやら言って謝罪すらないし、約束していないことに「全身全霊」だ。

比較第一党と第二党がどちらも権力というぶら下がったニンジンをとるための野合集団であるなら、二大政党制なんて夢を見ず、現実を見るべきだ。

改革すべき案件ごとに、その改革にむけて確かな方策を持っている者どおしが集まってシステムを構築する。それでいいじゃないか。

風が吹いただけで一年生議員がたくさん誕生し、その政治的素人が裏のドンの数合わせの駒になっているようなアホらしい状況を変えるためにも、小選挙区制度の理念の検証をすべきだ。

国民は、重税に絶えながら政治的素人が成長するのを待つ、なんてことを望んだわけではない。政治の場には即戦力のスペシャリストこそが進出してもらわなければ困るのだ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-02-10 00:13 | マニフェスト

<< ガソリン値下げ隊はどこへ行った? 車屋のタッチー(2) 衝撃の結末 >>