FUJIYAMAから見る富士山   

a0009333_1193192.jpg

富士急ハイランドにきてます。ドドンパを一番乗りで最前列。続けざまにFUJIYAMAです。

追記

 帰ってきました。この写真は全然うまく写っていないんですけど、FUJIYAMAの最初の上り坂で、60m付近で撮った写真です。決死の思いで撮りました。

 なにぶん高所恐怖症で、今この記事書いてても手に汗がにじんでくるほど。

 まずは最初の上り坂がとにかく長いんです。そして高いんです。90mほど登るのかな?横を見ただけで足先や手先にしびれを感じます。まさか、登ってきた下(後ろ)を振り返るなんてとてもできません。とりあえず写真を2枚とって、いそいでケータイをポケットにしまって、来るべき下りに備えます。

 そんで一気に下るんです。とにかく下る・・・。

 今までいろんなジェットコースターに乗りましたが、下り坂でケツが浮くのは初めてです。だいたい、安全バーを肩口から、上から装着するタイプが多いのですが、FUJIYAMAはシートベルト&太ももの上からのバーでした。

 だから、急角度の下りではケツが浮くんです!

 めっちゃ怖いです。恐怖のあまり涙が出て、声がかれました・・・。

 それから、ドドンパなんですけど、これもすごかった。搭乗口ではなにやら「ド・ドン・パ」というリズムで太鼓みたいな音が鳴っているし、スタートはイノキ氏の「1/2/3/ダー」のダーで急加速。

 時速176キロだったかな?いっきに加速して、口に容赦なく空気が入ってくるんです。コンタクトずれます。めがねは禁止。絶対吹っ飛びます。頭をシートにきっちりつけていないと、とんでもないことになります。

 そして、落下角度90度の恐るべきコースが待っています・・。これもケツが浮きます。っていうか、前のめりになって落ちそうになります。

 全てのコースの終えて戻ってきた私たちを迎えてくれるのが、「元気ですかー!」のイノキ氏。

 「元気なわけねぇよ」とつぶやいた私でした。

 いやー、絶叫のクリスマスイブでした・・・。生きて生還しましたよ・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-12-24 11:09 | 雑記(日記?)

<< レッズ とうとう無冠! 準決勝敗退 R.バッジョの200ゴールとJ... >>