小沢元代表 無罪 今すぐ政治資金規正法を改正せよ   

小沢元代表が無罪判決となった。

秘書らは政治資金報告書に4億円の記載を、故意で、行わなかったということが認められながら、共謀は認められないということらしい。

小沢事務所で違法行為が行われていたことは認められた。

でも、「秘書がやりました」という昭和のフレーズが未だに使えることを立証してくれたわけだ。

一般市民は、「秘書がやりました」で逃げられることを問題視しているのではないか。だから、「秘書がやりました」から「監督者は有罪」と言ってほしかったんだと思う。

政治資金規正法には抜け道があることを満天下に示した判決だ。これはザル法だ。

以前指摘したが、報告書の修正(出し直し)を認めない改正が必要。一度報告した者が「間違ってました」で済むなら警察いらない(これも昭和のフレーズ?)

市民や民間企業は「申告が間違ってました」で追徴課税される厳しい現実にさらされながら、政治家だけは「間違ってました」が許されるの?活動費は税金でしょ?

だから、昭和のフレーズが使えなくなるように法改正をしようよ。

今回の「秘書がやりました」と「間違ってました」を根絶するのだ。

無罪の判決を受けた野党も追撃の手がぬるすぎる。証人喚問を視野?裁判で黒に持って行けなかったのに証人喚問で黒にできるわけないでしょ。小沢氏は、いつぞやの証人喚問で手が震えて署名できなかったような人と違って、のらりくらりと潔白を主張して終わるのは目に見えているでしょ。

道義的責任がある、という認識を示したところでなにも変わらないでしょ。小沢氏が限りなく黒に近いのに無罪となった今回の件を不服に思うなら、政治資金規正法に連座制を組み込む法改正を提案することで、不服であると正面切って主張することになるじゃん。

選挙運動でバイト君が不正の認識がなく不正しても、連座制適用で当選無効なんでしょ。小沢事務所で不正が行われていたことが認められるなら、監督者を厳しく罰する制度に変えなきゃ、市民は納得しないと思うな。

このタイミングで連座制の法改正を高らかに主張し、議員提案で法改正を提案する党が現れてほしいものだ。

しっかりしてよ。政治家のみなさん。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-04-26 21:37 | ニュースコラム

<< 名鉄トヤマホテル 新聞記者の先輩 >>