あの『奪還』がコミックになった!   

 以前紹介した蓮池兄さん原作の漫画『奪還』(漫画アクションに連載)がコミックになったとのことです。

 待ってました。絶対買います。これは残しておかなければならない作品だと思います。

奪還 1 アクションコミックス
奪還 2 アクションコミックス

 前にも紹介しましたが、『奪還』の企画が持ち上がったとき、蓮池兄さんは難色を示したそうなんです。漫画化、そしてよりによって『アクション』・・。蓮池兄さんの中では『アクション』は色系の漫画雑誌というイメージが強く、難色を示していました。

 ところが、『アクション』が復刊するにあたって、基本路線を社会派とすること、漫画化にあたっては徹底した取材のもとに、フィクションは入れないことが決め手となって、漫画化が決定しました。

 蓮池兄さんが後に「部屋のレイアウトや小物の位置、色に至るまで忠実に再現しようとするあまり、記憶を呼び起こすのが大変だった(趣旨)」と述べていることから、かなり実際の状況に近いリアルな画になっていることが伺えます。

 やはり映像で飛び込んでくるほうが、文字で入ってくるよりも早いしインパクトがあります。もちろん原作もチェックしておきたいところですが、まずは漫画から入ってもいいのかなと思います。

 日本人の多くの人がこの漫画を手に取り、拉致事件の実態を感じ取って欲しいと思います。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-01-06 10:47 |

<< 本格的FWの登場か? 大久保先... 自動車リサイクル法ってなんじゃ... >>