人の配置のマネジメント   

今、仕事が順調だ。

二つの大きなプロジェクトを一つに統合し、その主任になった。

もともとは二つ別々に走っていたプロジェクト。どちらも深い議論もなく、先の展望もなくスタートした、危なっかしいプロジェクトだ。

4月、その一つを担当することになった。事業を進めようにも、中間職と議論がかみ合わず、おかしな理由で
勝手にストップさせられた5月。

6月に入ってなんとか動かして、ようやくカタチができてきた。ま、議論の出発地点からして明らかにおかしく、会話が成り立たない直属の中間職がいた3月までよりは職場の空気はマシになっている。というか、今の中間職は話をよく聞いてくれ、納得したらウエに掛け合ってくれる。2年耐えてようやく本来の環境ができつつある。

そんな中、もう一方で走り出したプロジェクトと統合した方がいいのでは?というアイデアが私の中で浮かんだ。早速説明ペーパーを作り、ウエの説得作戦にとりかかる。

ここで「一つに統合した方がいい。だからもう一方の担当者がやるべきだ」なんて言う奴は馬鹿。かといって、仕事が2倍になるのに「私がやります」というのは奇特なヤツ。だからうちの業界では、結果として統合すべきなのはわかっているのに、それを言い出すヤツはまずいない。

この業界、仕事が増える、というのは悪だからだ。

でも、明らかにこのプロジェクトを二本で走らせるのはかなりのムダと将来の損失が大きい。

私自身が奇特なヤツになった。「だから私がやります」と。

3月までは似たものどおしの中間職二人が宇宙人的発想でブロックを形成していたが、その一角が崩れた今、宇宙人なんか無視して所属のトップが「ウン」と言えば勝ち。

だいぶ戦いやすくなった。

そして勝利した。

こういう中間職をダブルで配置した人事マネジメント担当者は、猛省してもらいたい。人の配置で担当者の息吹がこうも違ってくるのだから。

とはいえ、現場を見て配置しているわけではないだろうから、大きな組織ではこういうことはいくらでも起きる。であれば、日頃目にしている直属の長が、こうした中間職を育成するスキルを持たなければその組織は悲劇だ。

自分があと何年か後にそのポジションになったら、それはそれは大変だろうな。

でも、できちゃうかもな。耐えてきた経験いっぱいあるしな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-07-12 21:32 | 雑記(日記?)

<< 小沢新党に橋下新党・・今必要な... 小沢氏離党 え?今じゃないの? >>