U-23代表はよくやった!   

ロンドン五輪はサッカーに釘付けだ。特筆したいのは、やはりサッカー男子。

大会前は下馬評が低く、世界王者のなでしこJAPANとの注目度の差は気の毒なほど。正直、私もあまり期待はしていなかった。

スペインに勝利し、がぜん注目を集め、期待が高まったわけだが、私も含め、選手たちには失礼というか、外野は勝手なもんだ、という感じ。

さて、ロンドン五輪で快進撃を続けた原因は何か。それは、W杯南アフリカ大会で、最後の最後に岡ちゃんが決断するに至った「守りのサッカー」と状況が似ているように思えてならない。

強豪国との力の差を考えると、勝つためには負けないこと、すなわち、点を取られないこと。そしてスキを突いてカウンター。

これは、やはり先のW杯の時の状況そのままだ。

岡ちゃんの後任でイタリア人指揮官のザッケローニが監督に就任。ザック監督を知らなかった私は、単純にアッズーリのカテナチオで負けないサッカーに磨きをかけるのかと思った。しかし、A代表はその後驚異的な進化を遂げた。

引いて守ってカウンターという先のW杯の代表チームとはまったく異なり、ポゼッションを上げ、左右に振って崩し、中に切り込んで冷静にシュートを決める・・・。はっきり言って、これまでの日本人ではできないと思われていたプレーが随所に光るようになってきた。中盤の支配も、ショートパスをつないで中央の危険なゾーンにつっかけながらの落ち着いたシュート。

以前だったら、パスがつながらない、というか不用意な横パスをかっさらわれる、出したパスの受けては常に後ろ向き、中央に切れ込んでも相手DFの足にひっかかる、GKと対峙してもシュートが浮く、あるいはパスを選択して決定機を逃す・・・。

それが、香川、岡崎、本田の登場で前線は厚みを増し、長谷部、遠藤のボランチは中盤を支える。そう。かつてオシム監督が目指した日本スタイルの確立、日本らしさとは、そういうことなのだ。

翻ってU-23代表はどうか。点を取りに行かなければならない状況になった時のスイッチの入れ方、点をとるためのアイデア、相手の崩し・・。どうやら、かつてA代表がぶつかった壁にぶち当たったのが、本番の五輪準決勝だったのではないか。

次の韓国戦は是が非でも勝って帰国してほしい。仮に決勝に進んだとて、今のブラジルにはこてんぱんにやられて惨敗だろう。

惨敗で帰ってくるより、ぶち当たった壁を乗り越えるための試合を一試合できるというのはさらなる成長につながるはずだ。その成長がなければ、U-23代表メンバーはこの先A代表として活躍できる余地はあるまい。戦い方がまるで違うのだ。選手に求められるものも全く違うと言っていいだろう。

3位決定戦の韓国とは、メダルをかけて、とか、アジアNo.1をかけてなどと外野は騒ぐかも知れないが、そんなことより、いずれA代表が世界一をかけて戦えるよう、若武者たちには、ただただ、壁を乗り越えるための成長の場としてほしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-08-08 12:00 | サッカー

<< 維新の会が国政進出 ビデオカメラ SONY互換バッテリー >>