維新の会が国政進出   

 維新の会が政党要件の国会議員5名以上を集め、国政進出をうかがっているらしい。

 政党要件を満たせば、小選挙区・比例の重複が可能になるらしい。

 世論調査では、比例の投票先として、民主を抑えて堂々の2位につけているという報道もある。

 なんというか、暗澹たる思いだ。また「風」が勝敗を決するのか。素人が「風」だけで権力を握った民主党政権が残したものを精算するために、また「風」が吹くのか。

 日本の政治が成熟しないのは、日本国民が吹かせている風のせいではないだろうか、とも思えてくる。

 いいかげん、お任せ民主主義から卒業しなければこの国の先はない。投票日からさかのぼって数週間だけ政治にかろうじて関心を示すが、終わったら政治家を野放し状態にする・・・そして制度改悪や増税となったら騒ぐ。

 前にも書いたが、今必要とされているのは本当の政治主導。民主党の政治主導は偽物だった。本当の政治主導は、官僚を手玉にとれる高度な能力が必要。素人を送り込んでも、結局官僚にやられて終わるだけだ。何も変わらない。

 維新の会にそれほどの人物はいるのか。松下政経塾出身者でもできなかったことが、できるのか?
 
 維新の会が勢力を伸ばすなら、前にも書いたが、もはや二大政党制の夢など捨て去るのがよかろう。つまり、小選挙区制度の見直しだ。

 日本では二大政党制は夢、というかむしろ悪夢。早々にあきらめるのがよろしかろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-08-15 13:40 | 維新の会

<< この馬鹿馬鹿しい政治はいつまで... U-23代表はよくやった! >>