総裁選挙に飽き飽き   

自民党の総裁選挙に民主党の代表選、どっちにも飽き飽きだ。

国民不在で権力闘争。こんな馬鹿な「上司」の元で働けば、国の官僚たちが、面従腹背で大臣たちの決をとり、自分たちの裁量権限で実質的な権力を振るおうとするのは不可避のことだろうと思えてくる。

国をダメにしているのは、我々の代表であるダメな大人たちだということを明示しているのがこの総裁選挙と代表選だろう。

そんなことしている余裕などないはずなのに。解散の前にやるべきことがあるというのが代表選というのが本音だったのか?

消費税増税法の成立って一体なんだったんだろう。

景気回復を待って増税だったはずが、野田は代表選の討論で法が成立したから14年に上がりますなんて言うし、社会保障のために使うと言っているのに、官僚たちは概算要求で馬鹿みたいな額を計上して増収分の分捕り合戦になっているし。

閉塞感漂ってる。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-09-14 15:20 | ニュースコラム

<< 維新八策 最終版 全文 大阪維新、国政進出で日本維新の会 >>