日本維新の会が公約発表   

「やっちゃいましたね」というのが正直な感想。

維新八策ですら曖昧だったのに、公約では約束事が後退してからの曖昧さ炸裂!で、「主義主張が違う者が組むとこうなる」の典型を満天下に示した形だ。

ここであえて指摘するまでもなく、3年前の「政権交代」という一点のみで意思無き兵隊(=小沢ガールズなど)を大量生産した民主党とまったく同じ構図ではないか。

公約でこのとおり曖昧に後退するのだから、国政の重要課題でまとまれるワケがない。やれ「俺はそう解釈していない」だのといった党内抗争、曖昧にしておいての不実施に「公約に反しているとは考えていない」だの言い訳の連発、というのが目に見えている。

橋下氏個人の志は高く評価する向きも無いではないが、新維新はもはや民主党ver2になりかねない。先例があるわけだから、そうならないと主張するなら具体的にそうならない根拠を示してもらわなければもはや有権者は動くまい。

PS
維新はよしもとのお笑いコンビの片方や30歳の元グラビアアイドルを公認した。ここでも有権者の期待を裏切る行動に出ている。非常に残念である。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-11-29 22:25 | ニュースコラム

<< 重複立候補に異議あり! 衆院選での国民の選択はどうすべ... >>