卒原発?子育て支援で31万円支給?ムダ削減で財源捻出?聞いてあきれる   

滋賀県知事は国政政党党首として全国を駆け回っているそうな。

滋賀県政は知事がいなくてさぞ困惑だろう。それでも副知事を筆頭に意思決定が粛々と行われるなら、そもそも、高い給料を支給して県知事なんていう職はいらないと思われても仕方がないだろう。

その滋賀県知事が打ち出す卒原発。

もう、ワンフレーズ・ポリティクスはやめようよ。卒業か脱却かの違いなんてどうだっていい。要は、止めるのか、止めないのか。いつ止めるのか。止めた場合の代替エネルギーと原発債務をどう処理するのか。

そのロードマップを示してから言え!

政権とったらすぐ原発を止めるというのが滋賀県知事の立場らしい。止めた瞬間から寒冷地で節電が始まるのか。「夏のエアコンを乗り切れたのだから冬の暖房も節電で乗り切れる」なんて短絡的に思ってない?

万一厳しくなったときは輪番停電でもするつもりですか?

輪番停電を経験していない滋賀県知事が軽々に言うな!

民主が挫折した26000円の子ども手当。公約なのに一度たりとも手にすることができなかった幻の26000円。ムダ削減で年間31万円の現金支給をするそうな。

民主が財源捻出できなかった理由はそのやり方にあるんだって。彼女ならトップダウンでそれができるんだって。

んなわけないだろ<怒> できる保障を示すことと、公約果たせなかったら全員議員辞職するくらいの宣言してから言ってください。

国民は寝言は聞き飽きてマス。

民主の失政のあとになんでこういう主張をする勢力が再び登場するんだろう・・・?

まったく理解不能だ。こういう主張をしても国民には響かないということを、投票行動で示すしかないでしょ。でも入れる人いるんだろうな。「卒原発」とかいうワンフレーズのみで。

ちゃんと考えようよ。今回は。
[PR]

by cogno_eb2 | 2012-12-08 00:31 | ニュースコラム

<< 原発は争点にならないのではないか? 重複立候補に異議あり! >>