徴兵制につながるか? ~自民党 憲法9条改正案~   

<自民党>自衛権行使、軍隊保持を明記 憲法9条改正素案

 日本の平和憲法がいったいどうなってしまうのだろう。自民党の改正案のままだと、自衛隊は軍隊になってしまう。

 「戦力不保持・交戦権の否認をうたう9条2項は全面改正の方針で、「陸海空軍その他の組織」の保持を明文化。」

 これまでもHPでたびたびこの問題を取り上げてきたが、参院選をひかえ、本腰を入れて考えてみたいと思う。

 今日のところは憲法問題うんぬんよりも、個人的な感想を。

 「拡大解釈された場合、徴兵制導入に道を開く」

成人男子として、徴兵制は困ります。

 国際貢献は大事だと思うが、自衛隊を海外へ派遣するために軍隊化し、集団的自衛権を行使するというのは、言い訳にも何にもならないと思う。

「集団的自衛権と海外での武力行使が混同されている」

「集団的自衛権が行使できれば、フリーハンドで国際貢献に乗り出せる」という誤解

海外での武力行使をめぐる議論はほとんど深まっていない


 そもそもの意図が国際貢献であるなら、現行法で可能な限りでの貢献というのはどこからどこまでで、憲法を改正してまでやろうとしている国際貢献はいったいどんな活動なのか。はっきりさせてほしい。議論が深まっていないのなら、そんな案など時期尚早だ。

 自民党の長老議員たちの考え方は怖い。

 各党の考え方を調べて、もう少し考えをまとめて、もう一度書きます。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-20 10:27 | ニュースコラム

<< ヴォーダフォン 値上げ 意味不明・狙いが不明のCM ~... >>