ギリシャのピッチはみんなガタガタ?   

「五輪本番へ大きな前進」山本昌邦監督

 お疲れさま。なるほど、相手はロシアに近いサッカーですか。確かに、予選は引き
まくってカウンター一発のチームばかりだったし、おまけに汚いプレー&不可解な判
定など、「中東らしさ」に苦しんでいたから、昨日の試合はようやく世界レベルを見
据えたチーム作りに生きてくると思う。

 後半のギリシャは中盤がコンパクトで、球際が強いというか速い。あっというまに
抜き去られるシーンや、日本が「ぬるいパス」をしているときにサーッと寄せてきて
奪われるシーンが目立った。判断のスピードという点ではホントに大きな収穫だった
だろう。

 姿を消していたように画面に現れなかった大久保はこんなコメントをしている。

「ギリシャの芝は全く違う」大久保嘉人

 確かにテレビで見ててもガタガタに見えた。芝刈り機が壊れてたのかと思うくら
い、小刻みにガタガタだった。練習のときはもっと芝が深かったというから驚く。

 そういえば、埼玉スタジアムのこけら落としのゲームだったか、イタリア代表対日
本代表の試合で、芝がぺらぺらめくれてふんばれないことがあった。イタリアの選手
は「日本はビーチでサッカーをやるのか」みたいなコメントをしていた。まあ、あれ
はアウェーの洗礼ではないだろうが(笑)

 アテネの芝を体感して次はもっと良くなるか。次の試合もますます楽しみになって
きた。
[PR]

by cogno_eb2 | 2004-04-22 13:07 | サッカー

<< ジーコ辞める! R.バッジョ 代表復帰! >>