痛快!! Mr&Mrs Smith   

 今月で終了となる映画館が多いようですが、遅まきながら見てきました。

 感想は、一言でいうと痛快!

 複雑なことなし、エグいバイオレンスタッチなし、細かいところで笑かしてくれ、ちょっとシリアスな場面もあり、お色気もあり、スピード感あり、の何でもありの痛快夫婦喧嘩ムービー(?)

 一緒に見たうちの嫁さんと、見た後「あのシーンは・・・」とここまで話が尽きなかった映画はこれまでに無いかも。

 登場人物の少なさといい、ローテク&感性のMr. Smithに対しハイテク&緻密なMrs. Smithの対比にフォーカスをあてたことといい、マンガチックで考える必要のないところが逆に新鮮。

 オーシャンズ11あたりからブラピのファンになってきた私ですが(遅い?)、この作品でますますファンになってしまいましたね。アンジェリーナ・ジョリーのお色気にも釘付けでしたが。

 特に印象深かったシーンは、夫婦がそれぞれの秘密を知ってしまった直後のディナー。ナイフの使い手でもある妻がローストポーク(かな?)を切ろうとナイフを手にした時に、夫は恐れをなして「疲れてるだろうからボクがやるよ」とナイフを取り上げる。しかし、妻は今度はパンを切ろうと向かいでナイフをしごかせる・・。このあたりのブラピの表情がいい。

 それから、ワインボトルをわざと落として妻が無意識にキャッチしたことから素性がばれた瞬間、「拭かなきゃ」「タオルを」とお互いに口走って、夫は銃をを取りに行き、妻はベンツで逃げる。ここのセリフもいい。そして逃げる妻を追って柵越えしようとした夫はつまずいて銃を撃ってしまい、それが偶然運転席にあたる。逆上したアンジーの表情の変化がすごいし、急加速して夫をはねてしまうところもすごい。そしてはねあげられた夫は車にしがみつきながらも必死で説得するセリフが夫婦喧嘩の延長でまた面白い。

 そのあと夫は友人の家に転がり込むが、この友人のキャラがまた最高!同居するママに話しかけられた瞬間にショットガンの弾を込めるびびりっぷり。「ママ!今非常警戒中なんだ!撃っちゃうところだったじゃないか!」だって。こいつもプロの殺し屋だろうに、このびびりっぷりでつとまるのかいな(ププ)

 他にも書いときたいシーンはたくさんあるけど、最後のほうのシーンで、数台のBMWに追いかけられ、隣人のファミリーカーで必死に逃げるところ。互いの秘密を告白しながらの逃避行で、妻が「私は孤児で結婚式の父親は俳優」といえば夫が「俺なんて本当の親を呼んだのに。なんか見たことのある奴だと思った。」とか、それに対抗して(?)夫が「結婚は2度目なんだ」と告白すれば妻がさんざん夫をひっぱたく・・・。これ全部追っ手とドンパチやりながらの会話。ありえなさがマンガチックで面白い。

 このあたりのシーンから、この先二人はどうなるのだろう・・という心配(?)が。最後のスーパーマーケットのシーンでは、かなりの暗殺者に囲まれ多勢に無勢。いったい・・・。

 いやぁ、面白かったです。DVDで何度見ても飽きないですね。

 まぁ、スーパーに逃げ込んだときに大きなバッグ(武器や防弾チョッキが入っていた)をそれぞれ持っていたが、「どこから持ってきたのか」といった野暮な疑問や、細かいところにつっこみを入れて「あれはあり得ない」などと興ざめな相手と見に行かないことが肝心ですな。

 単純にスカッと爽快、そして思わず「おいおい(笑)」と言って楽しめる相手とご覧下さい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-01-16 12:36 | 映画&DVD

<< 花粉症がやってきた NERO6を手に入れた >>