ミラーマン植草に罰金50万   

 経済評論家で元早稲田大大学院教授の植草一秀被告(44)の判決は罰金50万円(求刑・懲役4月)だった。

 痴漢の逮捕には難しいところがいろいろあり、一転して無罪になったりもする。訴えられたほうは訴えられただけで社会的に大ダメージをこうむる。

 ミラーマンの事件が冤罪であるかどうかはわからない。

 それにしても、手鏡一つで罰金50万と社会的地位の喪失はデカい。鏡でのぞいたってパンツが見えるだけだろうに。ミラーマンにとってはイタい代償だ。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-03-23 12:06 | ニュースコラム

<< イランに2-1の負け ひどい試合 里谷多英選手の報道に関して ~... >>