価値ある勝点3 でもFWは大丈夫?   

 何とか勝たせていただきました。オウンゴールでの1点のみというのはさびしい限りですなぁ。

 確かにジーコのいうとおり、攻めて攻めたその結果があの1点であることは間違いないけど、点をとることが仕事であるFWの物足りなさがこのところ目立ってきている。

 後半になってコンパクトなサッカーができたところは良かった。フィールドプレイヤーがゲーム中に修正していく力は必須だからね。

 サントスのえぐりは確かに効果的だったけど、サントスの目的には、サイドをえぐっても、そこで倒れてFKをもらう、というのがあるから、昨日のように、日本のセットプレーを研究し尽くし、守備が固いチーム相手には、倒れてFKをもらうだけではダメだ。

 高原については、ジーコは動きの良さから換えるつもりはなかったというが、スタートからもう少し走れるFWを入れるべきじゃないかなぁと思う。玉田が鈴木に換わって入った時、やっぱ玉田速えな~と思ったもん。高原・鈴木の2トップにするなら、高さで勝てる相手じゃないとポストプレーが生きない。


 でも、個人的にはポストプレーでいったん落としてMFの上がりでつないで、というサッカーはあまり好きじゃない。FWは必ず後ろを向いてボールを受けるから、面白みがない。相手もそんなに怖くないんじゃないかなぁ?


 中盤の選手も後ろ向きでボールを受けて、中には3歩ほど自陣へ向かってドリブルしてた。背中に速い敵が襲ってくるからそうなったんだろうけど、ボールを受けて前に前に展開して欲しい。後退してどーするの?


 昨日のゲームはDFから中盤はよく機能していたように思うが、攻撃が遅すぎた。日本も「守って守ってカウンター」の練習をしたらいかがかと。前目の3人くらいで1点とるくらいのスタイルを目指して欲しい。


 そのためにはやっぱりドラゴン久保が必要だ。久保-玉田とか、久保-柳沢といった2トップが見たいな。
 
 次はアウェー。北朝鮮戦は中立地か無観客試合となるみたいだから、日本にとっては有利だ。ドイツへの道が最終戦までもつれこむのはコワイ(見に行くつもりなので、それはそれでエキサイティングかも)ので、アウェーできっちり勝ってきて欲しい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-03-31 12:07 | サッカー

<< 及び腰の議員に渇! イランに2-1の負け ひどい試合 >>