またまた神奈川県議。やってくれるわ。   

 神奈川県議会議員の期末手当(いわゆるボーナス)をUPする条例案が12月議会で提出されるらしい。

 議員一人あたり58000円のUPで、106人いるから614万8000円の支出増。

 以前記事としてとりあげたとおり、前知事時代にボーナスカットを行っていたものの、2004年にそれを議員自らの意思でやめ、今は満額もらっている。満額で年間512万円。一般公務員の平均額の何倍?10倍までいかなくても8~9倍はもらっている計算かな?

 106人いるから5億4272万円。今回のUP分を入れると5億4886万8000円。これってボーナスだけの金額だよ。給料は入ってなくてこのお値段!

 神奈川県って財政ピンチなんじゃなかったっけ?

 なぜあげるかと言えば、県職員のUPと連動するから、ということらしい。読売新聞(11/30)によると、県職員の給与とボーナスを民間と比較して、ボーナスを0.05ヶ月あげ、給与を下げ、年間トータルで5000円のダウンとなったらしいが、この0.05ヶ月UPの部分だけ、県議のボーナスと連動しているらしい。0.05ヶ月で58000円ってことは、月収116万で、年1392万円、ボーナスを入れた年収は1904万なり。

 なんでも、県議の給与に関しては「県特別職報酬等審議会」が答申を出すらしいが、ボーナスについては監視する機関がおらず、12月の議会で県議自らが審議するんだって。

 そんなもん、アゲに決まってるやん!議員の給料を上げてはどうですか、と役所が条例案を出してくるのだから、「そいつはおいしい話や」とろくに審議もせずに可決。
議員っておいしい仕事だよねぇ。

交通費も出てるんでしょ?県内で移動するのに1万4千円だっけ?
おいしいよねぇ。至れり尽くせりだよねぇ。

 議会なんて年中やってるわけじゃなく、実質何日働いてるんだろう。しかも議会にいかず欠席も許されてるらしいやん。本会議場で選挙のために年賀状書いてるやつもいるらしいし。

12月は8日間。
9月より前はというと
9月は10日間
6月は9日間
5月は5日間
2月は16日間
合計48日間。で、お疲れさまボーナスが512万円(UP前)。一日10万6000円ちょっと。給料はといえば、1日29万円。合わせて39万6000円かぁ!

 おいしいよねぇ。

 しかも、開会と閉会はものの30分もやってないからね。30分弱で40万の収入ですよ。時給80万?

 おいしいよねぇ、っていうか、無駄だよねぇ。

 自分たちで作った条例ないんでしょ?質問だって役所に書かせてるんでしょ?

 議員って必要あるのかなぁ。

 みててみぃ。12月議会で絶対ボーナスのアゲが決まるぜ。反対するのは何でも反対の共産党くらいか。いや、全会一致だったりしてね(ぷぷ)
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-12-05 12:16 | ニュースコラム

<< ローカルマニフェストの疑問 円相場がついに1$=120円の... >>