アカ政党に投票を呼びかけるブログ ハケーン!   

 「週刊!木村剛」において、IT大国(?)日本の公職選挙法のおかしさについてのエントリがあった。なんでも広報媒体としてはポスターと立札、ちょうちんの類しか認められていないから、この時期のHPの更新は止まるし、ブログはもってのほか(いちおうHPよりまだ認知度低いしね)。
 
 ニュースでは岡田代表の第一声を載せた民主党HPに総務省の指摘があって削除した、とあったが、e-japan計画と称してIT化が国策であるくせに、まだまだ遅れているとしかいいようがない。

 ところで、ブログリーダーでこんなブログを見つけた。

総選挙では日本共産党へ

 エントリ時刻は8/31の11:02。他に記事はなく、このために開設されたブログのようだ。

 これは共産党員が党中央の命を受けて投票を呼びかけるためにつくった、偽装個人のブログであろう。今日開設され、他にリンクも何もないことから「憲法を守る会」といった類の団体のページではないだろう。

 これは日本共産党が開設したわけではないから、投票を呼びかけても選挙違反にはならないのか?

 公式ページ以外は投票を呼びかけてもいいのか?もし私がある政党の支援を決めたとして、私個人のブログで大々的にある政党への投票を呼びかけてもよいのか?

 このあたりのスキをつくあたり(スキではなくてれっきとした法律違反なのかもしれないが、よくわからん)、共産党は汚い。共産主義者は汚いからキライだ。

 まあ、このブログをみて「じゃあ共産党に投票するか」なんてバカはいないだろうけどね。

 警察関係者の皆さ~ん!ちゃんと違反を捜査してくださいね~!

 最新エントリも読んでね→共産党系労組は地方公務員法違反だ

追記
彼ら共産党の主張に少しでも理あり、と感じた人は、彼らが武力闘争を起こして人を殺めた唯一の政党であり、二段階革命を狙っていることを十分に認識すべし。それでも応援するなら、その人は二段階革命を支持するということになることを忘れるな。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-08-31 17:52 | ニュースコラム

<< 共産党系労組は地方公務員法違反だ 公務員改革こそが本丸だ、と民主... >>