イランに勝った   

 テレ朝の好きな「絶対に負けられない戦い」だったそうですが、私としてはスタメンに不満でしたねぇ。
 
 リスクを犯してでも、今野や阿部といった若い世代を入れ込むべきだったのではないかと(後半で入れてきたとこの記事書いたあと知りました。しかも交代遅かったそうですね・・)。この試合で結局がらっと全部入れ替えとなると、AチームかBチームかという選択しかなく、本番のW杯でも「融合」はあり得なくなってしまう。そうすると次の4年間は今の主力をばっさり斬って、全員新しいメンバーにして一からチームを作り上げていくことになるのか・・・。そっちのほうがリスクでかいって!

 さて、試合のほうは、所用があって前半しか見らんなかった。前半を見ただけの印象では、スピードが違っていた。トラップから反転するスピード、チェックにいく第1歩目の反応のスピード、パスをつなぐスピード(ワンタッチが多かったし、トラップが大きくならずにスピーディに次に動けていた)など。

 なんだ、やりゃできんじゃん!というのが最初の印象。なんでいままでこうやってこなかったんだ、と思ったね。これが総入れ替え効果なのかどうかはわからないけど、意識の面でこの試合(前半だけね)は明らかに違っていた。いいことだと思う。

 解説の松木氏が叫んでいたけど、イランは(アジアの中で)世界にもっとも近いレベル、だそうだが、なるほど、ベタベタに引いてくることなく、また中韓鮮みたいなえげつないラフプレーは見られず、「おい審判!どこに目をつけているんだ!」というシーンはあまり見られなかった。やはり相手がこういうスタイルであれば、我らがジャパンもいい動きができるのだろう。

今後は強化試合を組んでW杯本番を迎えるわけだが、日本のスタイルが強豪国にどれだけ通じるか、若手を含めて強化していってほしい。

 そうそう、香取シンゴってのはいつから応援団長とやらにご就任されたんですかね?そんなキャラいらないんですけど。不敗神話?へぇ~。だからどーした。その神話がホントなら、すべてのアウェーのスタジアムで証明してくらはい。証明されたとしても、別にどうでもいいんですが。テレ朝もそんなキャラ作らなくてもサッカー見る人はみんな見るって。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-08-18 18:03 | サッカー

<< マニフェスト、読んどきますか もっと大規模に政界再編してください >>