日韓戦1-0で日本の勝利   

 東アジア選手権の最終試合、日本が宿敵韓国を1-0で下した。結局1軍のボンバーヘッド弾炸裂だったわけだが、なにしろ勝って終われてよかった。大会2位というおまけ付きだったし。

 結果だけ見ればボンバー中沢の1点でようやく勝てた、ということになるが、ちょうどあの場面、FW巻が敵を3人引き連れてつぶれ役になっていることは見逃せない。あれで中沢の前が空いてシュートコースができたわけだし、いいプレーだったと思う。

 1.5軍の小笠原と大黒が入っても劇的に状況が変わるといったことはなく、あのまま本山でもよかったかかな?と思ったけど、途中出場の選手がこうも活躍しないというのは、1.5軍の選手たちのモチベーションが最後まであがらなかったからなのか、控え組が1.5軍にパスを供給することをやんわりと拒否した結果なのか興味深い。

 さて、新戦力としてはやはり切れ込み鋭い田中達也、俊輔ばりのFKを持つ阿部、そして高い守備能力を誇るボランチの今野だ。

 特に、今野は1軍でレギュラーをとれるもっとも期待される選手だ。それは、危機的スペースを消す嗅覚に鋭く、しかも、安全に危機回避できる。ファウルをして止めるのではないので、無駄なFKを相手に与えたり、イエローをもらったりする危険性が低い。これは見ていて本当に頼もしい。

 ポジションが違うが、小笠原を引き合いに出すと、昨日の試合でもそうだったが、やられたらやり返す系のカッとくるプレー(のように見える)が多く、やられたときはアジアンルールで流され、やり返してファウル、みたいなシーンが結構ある。小笠原がボールをキープし損ねて追いかけていってファウル、というのもある。

 見ていて「イラッときてんな」っていうのが伝わってくる。それにひきかえ今野はそういうのがまったくなく、すごく理にかなったクリアやケアをしているので、あまり詳しくない人にとっては逆に印象に残りにくく「地味なプレイヤー」なんて言われるのかもしれない。すごくフツーに危機の芽を摘んでいるのだ。

 1軍のプレイヤーとレギュラー争いとなると、ボランチだと中田英に福西、小野そして稲本あたりかな。名前を見るとそうそうたるメンツだが、稲本はコンディションに波があるのでレギュラー格ではないかな。最近の代表ではあまり調子があがっていないね。調子があがってきたら、攻撃力も買われてちょっと手強いかも。

 小野はキッカーとしても能力が高いので、重要なプレイヤーだ。ケガが多いので、やはりコンディションに多少の難があるかな。ちょっと遅れた時のプレーではいらつくシーンもあるしね。

 福西はジーコの信頼が厚いプレイヤーだ。強さもミドルももっているし、確かにすばらしいプレイヤー。中田英はもはや絶対的な存在なのでどこかに入ってくるだろうが、フォーメーションの関係で前目にいくこともあるので、中田の代わりに今野を使い、今野―福西のボランチはどうだろう。守備力という点では中田と同レベルかそれ以上かもしれないので、ここに今野を入れることで、中田を前にもってくることができる。次の欧州遠征ではそんな布陣を試してほしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-08-08 18:25 | サッカー

<< 郵政民営化解散と自民党愛? 東アジア選手権 2-2で中国に... >>