東アジア選手権 2-2で中国に引き分け   

期待の新星・田中達が決めた!監督絶賛の左足同点弾!

 中国相手に2点先制されるとは思わなかった。失点のシーンは連携ミスといっていいだろう。1失点目は左サイドを破られかけてある程度押し戻しながら、ゴール前にあげられて失点。坪井は敵の背後にいて出足も遅れた。あのシーンで敵の後ろにいてはフリーとかわらない。坪井は前もこのようなシーンがあった。あまり成長していないように見える。

 FKは壁が1枚少なかったということで、ジーコはこれは連携不足のいいわけにはならないと言った。まあ、このチームでの練習は1日しかなかったというし、「決めごと」の確認がうまくいってなかったのは事実だろうが、このチームで2失点したという結果はDF陣の一つの結果として残る。

 一方で攻撃陣は光るものがあった。前半から「今日の攻撃は違うな。なんかやってくれそうな気がする。」という印象を受けた。正直、見るのが楽しかった。運動量が豊富でボールが前でつながる。縦にもどんどん入る。サイドからのクロスも入ってくる。これはおもしろい。北朝鮮戦のような、ボールを持っては出しどころを探し、無くて後ろに戻して・・・みたいなことは滅多になく、どんどんつながっていった。惜しいシーンがいくつもあった。前半に決めていれば・・・、という思いはどうしても残るが、トータルで攻撃陣に一定の評価はできると思う。

 阿部のFKはやはりすごい武器だった。俊輔のいないチームでは、サントスや小笠原では「入りそう」という予感があまりない。前半のFKのシーンでは惜しくもサイドネットだったが、「やっぱ阿部でしょ」と思ったもん。茂庭がよくつめていて得点に結びついた。

 そして2点目の田中達也。前半から積極的に動き回り巻との急造2トップでも全然問題を感じさせない。それはもともと達也が周りを活かす動きを得意とするからだろう。明らかに北朝鮮戦の1.5軍とは動きが違っていた。後半に玉田と大黒が出てきてもあまり変わらなかったように、現時点での動きの良さは誰が見てもこの2トップだろう。

 1敗1分ということできつくなったけれども、まあ東アジア選手権のタイトルは別にどうでもいいじゃん。獲りに行くんなら1.5軍で初戦を迎えないし、中国戦で2軍に総入れ替えなんてしないよ。最初から控えメンバーの強化を主眼として臨む大会でちょうどよかったんだ。中国戦も最後にサントス・大黒・玉田を入れてきたのはちょっと意味がなかったかも。点を取りに行くんだというベンチの気持ちはわかるが、あまり機能しなかったことからしても、先発メンバーに下駄を預けて、時間との闘いという精神面でのプレッシャーも感じ取ってもらえばよかったんじゃないか。
 
 次は韓国戦。引き続きこのメンバーで臨んでほしい。ジーコは元に戻すということを最初のほうに言っていたとの報道があるが、見てておもしろいのがこのメンバーでの試合。DFは元に戻しても、攻撃陣は生きのいいFWを使ってほしい。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-08-04 18:26 | サッカー

<< 日韓戦1-0で日本の勝利 ガソリン高騰 >>