中国株   

今日は久々に中国株の話。
 
 0330エスプリを持っているのだが、ここのところUP-DOWNの激しい動きで純益10万をいったりきたり。

 株価そのものの上下ももちろんだが、日本円-香港$相場の影響がバカにならない。購入時は手数料込みで1香港$=14.41円となったが、その後相場が円高に。一時14を切るくらいまであがってしまったので、利益が為替に食われて売りにとっては不利だった。

その後14.5付近を推移しているので、株価の若干の上昇に加えて利益は出ている。人民元の切り上げでどう動くか心配されたが、切り上げ前から続く円安傾向のままなので、いまのところ特に影響はないみたいだ。いわゆる織り込み済みってやつ?

さて、人民元切り上げの関連ニュースで、注目の記事が。

 切り上げに伴いOEM系の利益圧迫によって、繊維製品の輸出は抑えられ、中国国内市場での競争が激化する、とのこと。エスプリはもともと欧州市場が好調らしいが、中国国内での競争力はどの程度か不明。株価が最高値の59.75をつけたころに経営者層が大量の売りに出るなどよくわからん行動に出てるし(おかげでかなり下がった<怒>)。

 同時期に目をつけていた0019太古Aが、4月6日に61.25だったのが、7月22日に77.25をつけ、「買っておけばよかった・・・!」と後悔+プチ目利き気分。といっても資金難でムリだったけど(1単位買うのに追加で50万必要だったからね)。エスプリを売ってちょい足して買っていれば、9万(税引き後)ほどのプラスだったんだけどねぇ。

 ま、初めての株だから冒険はしない。願わくば投資額の倍増っす(純益)。

 ゴールドマン・サックスが7/14に投資判断を下方修正(原因はユーロ安)、7/15にスミス・バーニーは現状維持ということで、素人的にはもう少し持っていてもいいかなと。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-08-01 18:30 |

<< 知らぬは地獄 オフ・ザ・ボールの動きが何故で... >>