オフ・ザ・ボールの動きが何故できない?北朝鮮に0-1敗負け   

負けました。

 負け惜しみと言われてもいいですが、東アジア選手権なんて別にどうでもいいです。

 反則すれすれっていうか完全に反則のダーティー・プレーの相手に勝てるように練習する必要はありません。ヨーロッパの強豪国に勝てるようにならないといけないから。

 それにしても、なぜオフ・ザ・ボールの動きができないのか。

 前から何度も言っているが、ボールをとりにゴールに背を向けて受けて、そのまま自陣に向かって2-3歩ドリブルする姿なんてもう二度と見たくない。

 ワンタッチでワン・ツーの練習ばかりやりなさい。

 Bチームに全員引かせて、その練習ばかりやんなさい。

 オフ・ザ・ボールの動きでスペースを作ってそこにパスを通す、ってのができなければ、W杯なんて勝てっこないよ。

 今日はとにかくサイドにはたいてすぐ後ろに戻して・・・。最後の方はロングボール放り込んで頭で合わせての繰り返し。ゲームメーカーいなかったねぇ。小笠原じゃ物足りないか。海外行って修行してきたらいいよ。

 田中達也のドリブル突破はすばらしいプレーだった。あのワンシーンしかなかったけど、どんどん使ってほしい。

 負けちゃったからもう優勝はないと思うけど、新戦力中心にチームを作っていくってことで、頑張ったらいいんじゃないかな。

 次の試合は見ないかも。

 あ、そうだ、今日はスルーの強化試合?あんなに密集していてスルーばっかやってどうすんの。

 PS

 今日の解説はセルジオ氏で、ピッチ解説は堀池氏。解説に松木氏がいればゴールデントリオなんだけど、今日はひょっとしてセルジオの「ホリイケ!」が出るかな~と思ってメモ帳とペンを用意した。

 でも出ませんでしたねぇ。興奮するとセルジオ氏はピッチの堀池氏を呼び捨てにするんですがねぇ。今日は堀池氏から「セルジオさん!」と呼びかけることはあっても、逆はなかったですねぇ。

 楽しみなんですがねぇ。

 過去の「ホリイケ!」
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-07-31 19:31 | サッカー

<< 中国株 神奈川県知事松沢さんのブログが... >>