アトピー性皮膚炎に「坊ちゃん石鹸」がいい   

 30を過ぎて、アトピー性皮膚炎の疑いが濃くなってしまいました。

 大学病院に通っていろいろ検査をしたのですが、特定の原因が見つからない場合はいわゆるアトピー性皮膚炎です、と医者に言われてしまいました。

 弟は小さいときから症状が出ていたのですが、私は全然そんなこともなく、今更の宣告(?)にガビーン・・・です。

 原因は乾燥肌。そして愛用していた液体石鹸「キ○イキレ○」とナイロンタオル。この組み合わせでゴシゴシ体を洗っていたのですが、これがとんでもなくマズイことだったようです。

 それは、ボディーソープは必要以上に肌の油分を取り去ってしまい、ナイロンタオルは刺激が強くて弱り目に祟り目。

 医者に勧められたのは固形石鹸を泡立てて、手でそっと洗うこと。「顔を洗うのと同じです。ナイロンタオルでゴシゴシやらないでしょう?」だって。

 そこで固形石鹸でも何かいいのがないか調べたところ、ありました。「釜だし一番」(通称「坊ちゃん石鹸」)。

 泡立ちがよく、そして固く、顔から全身に至るまで使用可!

 これいいです。マジで。

 そしてお風呂上がりに保湿剤を使ってます。

 医者に通っていた時の肌と今の肌の写真をUPしたいくらいです。でも自粛。以前のがマジヤバいから。

 この石鹸、某ハンズでは400円くらいするのですが、地元仙台では定価200円から値引き販売されていたとか。

 今では通販で若干お安く買えます。私もここで買ってます。

 釜だし一番坊ちゃん石鹸175gくすりのおりーぶ

 ここは送料がかかるので、1万円以上のまとめ買いの方におすすめ。

 40個ケース買いなら、送料のかからないコチラのお店↓

【仙台名物】釜出し一番石鹸(坊ちゃん石鹸)キモノ 仙臺屋(和織染) 2号店

 今液体石鹸を使っている方、絶対にやめた方がいいです。石鹸にかえるだけでもずいぶん違いますよ!

 ということで、石鹸を使った対処法をまとめると↓

1.風呂に入る時はゆっくりと長めのお風呂(ちょっとぬるめがいいでしょう)。

2.長めのお風呂で皮膚がやわらかくなったところで、石鹸を使って手で汚れを落とす。

3.石鹸をよく落として最後に長めのお風呂。

4.風呂上がりに保湿クリームや保湿乳液などをぬる。

5.その上から薬をぬる。

6.かゆくても絶対にかかないで寝る

私の場合、寝ている間にひっかいてしまうことが多く、医者に「ドレニゾン・テープ」を処方してもらいました。ステロイド剤が塗ってあるシールみたいなもので、これを患部の大きさに切り、一カ所ずつ貼ります。コレでかなりよくなりました。
[PR]

by cogno_eb2 | 2005-06-15 23:46 | 雑記(日記?)

<< 特集:神奈川県の行政改革の取り... 特集:神奈川県の行政改革の取り... >>