なぜ靖国参拝?どこに問題?   

 靖国には参拝しない、のが正しい。

 靖国神社は戦時中、国の管理下にあった。そのもとをたどれば、神道が国教であった時代に国が作った国立宗教施設である。
 今は宗教法人法によって国立ではなく“私立”になってはいるが、戦中の人たちからすれば、意識はいまだに国教でしょうね。

 反戦の誓いと戦没者の追悼の目的で、“戦没者の英霊が宿る”靖国神社に参拝している、という政治家がいるけれども、この部分がかなりおかしい。

 まず、戦没者の魂が、戦死した後靖国神社に戻ってきてそこに宿っている、という考え方は、一宗教団体である靖国教の考え方でしかない。私は靖国教とは無縁なので、そのようには考えていない。

 もし、フジヤマ教という宗教が仮にあって、死者はすべて霊山である富士山に集まる、なんていう教義をもっていて、富士山を信仰の対象としていたとしたら、そのフジヤマ教と靖国教では“死者の魂”の考え方が異なり、戦没者の遺骨などの埋葬についても、富士山に埋葬すべきだ、という主張になるだろう。

 日本には宗教はたくさんあり、それぞれに教義があるから、なにも靖国教の教義が唯一正しくて、一国の首相がその教義に従って行動しなくてはならない、ということにはならない。うちの過去の記事にも匿名で「あなたたちはそれでも日本人か」というコメントが寄せられたが、日本人ならすべての人が靖国に詣でるべき、というのは靖国教の考え方であって、靖国教に縁のない私には関係のないことだ。

 つまり、宗教を持つも持たぬも自由、どの宗教の信条を受け入れるかも自由なわけだから、靖国教といえども、その自由の中の一つの選択肢でしかない。

 ところが、日本国憲法の前の日本は、少なくとも明治以降の日本においては、神道が国教であり、神道のトップである現人神が国を治めていた。その神の統治下にあった日本が、自国・他国を含めて多くの人命を落とす数々の戦争を引き起こしてきたのであり、その反省から国家と宗教の分離をしたのが現代日本である。

 その現代日本において、国教であった時代の、いまや一宗教団体となった靖国の教義を持ち出し、戦没者の魂は靖国に宿る、と考えて参拝しているのだから、この行為は政治家がかつての国教の信念を持ち続けているがための行為である、と周辺諸国に警戒感を持たせるのは当然のことだろう。

 小泉首相が自分の信念・信条の問題というのなら、小泉首相は靖国教の教義の元にある人物ということで、議会制民主主義における機関としての首相の行動を、靖国教の教義のもとで行っているといわれても仕方がないだろう。

 教えてGOOの回答者で、ものすごく明快に答えているnonchandayo氏の
 まとめの言葉
を引いておきたい。

・軍人を英霊→神として拝む、っていう思想・宗教がまずく、
・そのまずいのを国が作ったのがまずく、
・不幸な歴史を持つその特定宗教団体・施設を公的な人が積極的に評価するのがまずく、
・一議員とかならともかく行政・司法の公務員が参拝することは、不幸な歴史と相俟って、憲法上、望ましくない

 そして次のように結んでいる。
 特定宗教団体の施設でする、公務員(一般の公務員はもちろん、総理大臣、大臣、議員、裁判官も)による公式参拝は、(その宗教が靖国神社のような不幸な歴史を持たず、人類の幸福に寄与する優れた宗教であっても)公金を支出しなくても違憲(20条違反)でしょう(違憲の訴えができるかはともかく)

 このような明快な回答を得られれば、問題の本質が見えてくる。
 靖国参拝の問題は、周辺諸国の外圧や内政干渉ととらえて問題なのではなく、あきらかに日本の内政の問題である。
 国家の公式な機関として存在する各ポストに就く人は、公式行為として、つまり、国家の意思としていかなる宗教団体にも公金や優遇措置などを行ってはならない。
 国家の意思としての権力を行使できる機関にある人が、特定の宗教団体の教義に基づいて行動してはならない。

 この内政部分の問題が解決されていないから、周辺諸国は危惧しているのであって、この問題を解決することが、周辺諸国からの発言(外圧?)をなくす唯一の手段である。
 靖国の参拝をしない、というどころか、靖国はかつては国教の国家施設であったが、もうすでに一宗教法人であり、国は国の意思として靖国を含むいかなる宗教法人にも参拝・参詣はしない、ことを表明すべきだ。

 首相が参拝するってことは、靖国にこそ戦没者の英霊が宿る、という一宗教団体の教義を国が積極的に認めていることにならない?フジヤマ教が富士山に宿るっていったら、首相はフジヤマ教に詣でるのかな?ほかの宗教団体の教義に従って、8月15日にすべての宗教団体に詣でるのかな?ちがうでしょ?元国教だから神道だけ特別扱いなんでしょ?そもそもそれがまずいんだということを、靖国教信者は気づいていないし、参拝賛成派とどちらでもいい派は気づいていないのだ。こんなに簡単な話なのにね。


ブログ意見集 by Good↑or Bad↓ A級戦犯合祀と靖国参拝を考える

[PR]

by cogno_eb2 | 2005-06-08 19:49 | ニュースコラム

<< 3大会連続W杯おめでとう!そし... 政府税調が所得税改革 増税か >>