IFOファイルの作成 フリーソフト   

 自分で購入した(←ココ大事)DVDを傷モノにしたくないので、バックアップをして普段使用しています。ディスクの出し入れやなんかで傷ついちゃうこともあるだろうしね!

 前にHDに落としておいてそのままになっていた映画のバックアップをしようとしてDVD shrinkを起動して作業に入ろうとしたら、なんと、VTS_01_0.IFOファイルのリードエラーで作業ができなくなってました。しゃあない、もう一度エンコードするか、と思ってマスターDVDをDVD Decrypterでリッピング。ここまでは問題なくできた。

 と、ところがである。DVD shrinkがマスターDVDですら読めなくなっている・・・。え~、ちょっと待ってよ。ドライブを新調したばかりだが、その前はちゃんと問題なくできてたじゃん・・・。なぜ?何が悪いの?

 HDに落とした映像は再生できる。でもIFOファイルの読み込みに失敗するからDVD shrinkが使えない。どうしようかと色々調べたところ、VTS_01_0.IFOファイルを新規に作ることができるフリーソフトがあるということで、それでやってみることに。

 そのソフトはIfoEdit

 HDに落としてある映像ファイルを指定して、新しいフォルダにIFOファイルを生成しはきだしてくれる。もともとはダイジェスト版のお気に入りDVDを作るときに活躍するフリーソフトだそうだが、今回はこのソフトのおかげで無事DVD shrinkで読み込めるようになった。

 フリーソフトの世界というのはdeepだ・・・。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-13 10:37 | 雑記(日記?)

<< ビューロクラシーはそもそも縦割り あれれ?トリノ日本勢どうしたの? >>