トリノオリンピック閉幕   

 トリノ五輪が閉幕しましたね。フィギュア女子・荒川選手の金メダルが一つ、という結果に終わりましたね。

 それにしても荒川選手の演技はスンバラスぃ~かったですね。これまでの世界選手権などの世界大会では見たことのない、なんというか、本人が本当に満足しているというか、スケートそのものに楽しんでいるというか、ポイントや順位やメダルを意識していないことが端から見ても分かる、そんな演技だったと思います。演技の中で笑顔がこぼれる、というのは五輪のフリーだけだったように感じたし、本人が希望する、順位を争う競技としてのスケートではない、エキシビションやアイスショーでの精神状態に近かったのではないかと勝手に思っています。天才少女が波瀾万丈の競技生活をハッピーエンドで締めくくった最高の五輪だったのではないでしょうか。
 
 新聞に書いてあったのですが、過去2回の五輪では、金メダルはいずれも16歳の選手とか。浅田が出場していれば、やはり金メダル最有力候補だったのでしょう。ある解説者が言ってましたが、16歳というと余計な脂肪がついていなく、ジャンプに関してはトリプルアクセル級の高度なジャンプを軽々飛んでしまう条件が揃っているとのこと。そして、体の成長に伴って、脂肪や筋肉の重さで、トリプルアクセルや4回転の成功率が下がっていくのだそうです。そういう意味では、高度なジャンプの得点が重い新採点方法では若年層がかなり有利だということです。そんな中で荒川選手がジャンプ以外のステップやスピンなどの要素を徹底的に鍛え、高い技術に裏打ちされた芸術性を追求して金をとったのはすばらしいことだと思います。
 
 解説の伊藤みどりさんは荒川選手のSPの時に、荒川選手の演技を酷評してました。思い切り演技をしていない。得点を狙って安全にいこうとしている。勢いがない。メダルはそんなに甘くない。という主旨のことを言ってましたが、後輩に対する目という厳しさを少し割り引いたとしても、ちょっと目に余る放言ぶりだったなぁと思いましたね。なぜなら、銀メダリストの伊藤氏は、おそらく今の採点方法では銀メダルはとれなかっただろうということ。彼女のころはとにかくジャンプを飛んでいれば得点が入った。世界でただ一人のトリプルアクセルジャンパーだったことは確かだけれども、それしかなかった。ビールマンスピンもできなかっただろうし。ジャンプが成功してガッツポーズしても減点されなかった時代ですからね。フィギュアはもはやジャンプさえ飛んでいればいいということではなくなったわけです。荒川選手の金は、伊藤氏の銀の一つ上、というだけ以上の重みが確実にありますね。伊藤氏は今後仕事が無いかもしれないなどと余計な心配をしてしまいました。

 さて最後に、この五輪は日本選手の不調が目立ちましたね。メダルへ後一歩だった4位の人たちの中には、第三の選手がブレイクした、というすばらしい結果の4位の人もいれば、実力が発揮できずに入賞で終わった人たちもいました。ちょっと思ったのは、日本人にはビッグマウスは似合わない、ということですね。スノボのD君やMさんのことがあったので、アルペンのS君のビッグマウスぶりに、「こういう人はダメだよ」と思ってました。結果はコースアウト。金メダルがとれるとは思ってもみなかった、という荒川選手とはより一層対照的に映りましたね。

 日本選手団の五輪派遣枠を再考するようです。競技によっては世界大会などの成績により枠が決まってしまうものがありますが、それ以外ではJOCが出したければ出られるのかな?詳しいことは知りませんが、世界で戦える結果重視で人数を絞ることは当然の流れになっていくでしょうね。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-27 13:26 | スポーツ

<< ねつ造3兄弟 永田&前原&野田... 民主党永田議員 辞意漏らすも野... >>