今日、謝罪会見を開いて、堀江メール問題に幕が引かれるそうです。   

ここで我々国民が注目したい点は、

1.国会での質疑は、質問する議員が事実関係をできうる限りの調査をしたうえで行われるもの、という国民の当然の要求に対して、民主党がどのような意識を持ち合わせているのか。

2.これに関連して、今回の堀江メール問題の第一投を投じた民主党永田議員は、どれほどの調査を実施し、どれだけの情報をもって国会で取り上げるに値するだけの「疑惑」と断じたのか。

3.メールそのものが事実を証明できる力がないなら、なぜライブドアと自民党のカネのつながりを疑惑と断じたのか、そして、今後もその追及をするとのことだが、その根拠を改めて示すべきである。

 私的にはもはや誰が誤るとか辞任するとかは二の次でもよくなってきた・・・。もちろん、責任をどうするのかについての民主党の対応は見物だが。

 「今永田を辞任させれば、今後疑惑を追及する際に萎縮してしまう」みたいな発言が聞かれ、これが永田辞職回避の論理らしいですが、バカも休み休み言えってんだ。民主党は本当に休む間もなくバカなことを言う。

 疑惑の追及は大いに結構。与党の座の長い自民党に、黒い部分が全くないなんて思わない。だから、やばいことをやっているんならどんどん追求してほしい。ただし、それはしっかりと裏をとっての話だ。今回のように、「潔白なら国政調査権を発動して証明すればよい」という論法はありえない。勝手に疑惑をでっち上げて「潔白なら証明せよ」というのが許されるなら、国会の場はなんでもかんでも疑惑が持ち上がり、疑惑を作ったもの勝ちになってしまうだろう。

 昨日のTVタックルで民主の議員が未だに「黒いカネのつながりを追求する。潔白なら証明せよ」と言っていたが、それに対する自民党議員の「そんなにいうなら国会ではなく刑事告訴すればよい。そうすればきちんと捜査が始まる」と言っていた言葉に理があると思った。

 この発言の前に民主党の議員は「我々は国会議員であり裏付けの調査にも限界がある。」みたいなことを言っていたが、だったら専門の捜査機関を動かせばよいのではないか?この人達の本筋から外れた傍流の論法は、いちいち反論してただすだけの労力が無駄に思えてくる。

 とにかく、今日行われると言われている幕引き会見に注目しよう。民主党の力量が現れることだろう。
[PR]

by cogno_eb2 | 2006-02-28 11:05 | ニュースコラム

<< 幻惑2トップ キター ねつ造3兄弟 永田&前原&野田... >>